NTT Com、クラウドサービスを強化、低価格接続や管理基盤も提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、クラウドサービスを強化、低価格接続や管理基盤も提供


掲載日:2016/03/02


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、世界11ヵ国14拠点に基盤を展開するクラウドサービス「Enterprise Cloud」の機能を強化し、3月1日から順次提供を開始する。

 今回の強化では、信頼性に優れた専有型のHosted Private Cloudを、オンデマンドで従量課金に対応したベアメタルサーバと、VMware vSphere/Microsoft Hyper-Vに対応するマルチハイパーバイザーで提供する。これにより、SQL Serverなど、サーバー上の全コアに対してライセンスが必要なシステムを運用するユーザや、vSphere/Hyper-Vを用いたシステムを運用するユーザは、既存のソフトウェアライセンスを維持しながら、オンプレミスで利用していた基幹システムを設計変更なくクラウド環境へ移行できる。

 オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア「OpenStack」を採用し、業界標準のオープンなAPIを備えた共有型クラウドを提供するほか、オープンソースのPaaS(Platform as a Service)基盤ソフトウェア「Cloud Foundry」を採用した業務アプリケーション開発運用基盤を提供する。アジャイル型/DevOps志向などの業務アプリケーションの効率的な開発/運用を支援する。

 SDN技術を活用し、Hosted Private Cloudと共有型クラウドを、L2接続による同一ネットワーク上でシームレスに提供する。これにより、オンプレミス上で複雑な構成で運用しているネットワーク環境を、仮想サーバ/ベアメタルサーバなどとファイアウォールやロードバランサなどのネットワーク機能を自由に組み合わせた、柔軟性に優れたネットワーク環境で利用できる。また、オンプレミスで運用しているシステムのクラウド移行時に発生する、ネットワークやサーバー構成の設計変更作業などが不要になり、設計工程の削減を図れる。

 「Enterprise Cloud」のクラウド拠点間を10Gbpsベストエフォートの閉域ネットワークで無料接続するほか、「Enterprise Cloud」とデータセンターサービス「Nexcenter」の間を低価格で接続する。また、「Enterprise Cloud」に加え、他事業者が提供する複数のクラウド基盤も含めて、ポータルサイトから一元的に運用管理できる「Cloud Management Platform」が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

クラウド基盤サービス NEC Cloud IaaS 【NEC】 アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」 【F5ネットワークスジャパン】 「クラウドはムリ」と諦めていた、企業システムのためのIaaS 【日本オラクル】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
高いコストパフォーマンス、高性能・高信頼が特長のIaaS。セルフサービスポータル画面から、ユーザ自身によりプロビジョニングや他社サービスまで含めた運用管理が可能。 アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」 パブリッククラウドへ移行したいが、性能やライセンス、セキュリティ課題が原因で移行できないシステムはないだろうか。こうした壁を取り払う「第2世代のIaaS」とは。 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ?

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066260


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ