TOWN、OSSグループウェアの新版でメッセージ機能などを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TOWN、OSSグループウェアの新版でメッセージ機能などを強化


掲載日:2016/03/01


News

 TOWN株式会社は、オープンソース(OSS)グループウェア「Aipo8.1」をリリースした。

 「Aipo」は、クラウドとOSSから選択できるグループウェアで、コミュニケーション向上を図ることで組織力を支援する。

 今回の「8.1」では、Microsoft Edgeに対応したほか、自動ログインが可能になった。また、メッセージ/タイムライン/Web DBを検索できるようになったほか、メッセージ機能で“ルーム”の管理者を設定できるようになった。

 タイムラインで投稿のみ/更新情報のみを絞り込めるようになった。また、設備の期間スケジュールを登録できるようになった。繰り返しスケジュールで、『毎月の何週目の何曜日』及び『毎年何月何日』を指定できるようになった。

 そのほか、Web DBからのエクスポートが可能になったなど、100項目以上のアップデートが行なわれた。利用中のOSS版「Aipo」を、データをそのままにクラウド版へ移行する「クラウド移行サービス」も用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 クラウドグループウェア 「サイボウズ Office」 【サイボウズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 intra-mart Accel Collaboration 【NTTデータ イントラマート】 LINEの利便性とシャドーIT対策を両立、顧客と1対1でつながるツール活用法 【サテライトオフィス】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 システム共通基盤「intra-mart Accel Platform」上で動作する社内外情報共有対応のコラボレーション製品。グループウェアの基本機能を中心に、様々なソーシャル機能を提供。 情報は守り使い勝手は向上させる――ビジネス版LINEの実力とは

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066251


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ