クラスキャット、無償SSL証明書に対応したWeb会議サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クラスキャット、無償SSL証明書に対応したWeb会議サービスを提供


掲載日:2016/03/01


News

 株式会社クラスキャットは、無償SSL証明書「Let’s Encrypt」に対応したWeb会議マネージド・サービス「ClassCat WebConference Service」の提供を、AWS(Amazon Web Service)EC2で開始した。価格はオープン価格。

 「ClassCat WebConference Service」は、テレワーク(在宅勤務)での利用を主に想定した、WebRTC(Web Real-Time Communication)ベースのWeb会議サービス。FirefoxやChromeといったWebブラウザとVoIP/Webカメラで容易に利用でき、ホワイトボード/プレゼンテーション資料/デスクトップ共有などの機能も備えている。

 AWS上のマネージドサービスとして提供され、ユーザは特別な環境を用意する必要がなく、複数のPC同士の遠隔コミュニケーションやマテリアルの共有を低コストに可能とする。マネージド・クラウドサービスのほか、OEM提供も実施する。また、Google Chrome 47のセキュリティ強化のための仕様変更にも対応している。

 同サービスがセキュアな接続としてサポートする「Let’s Encrypt」は、米Mozilla財団等が支援する非営利団体“ISRG(Internet Security Research Group)”により運営されるプロジェクト。オープンな認証局(CA)としてSSL証明書を無償で発行し、証明書の発行・インストール・更新を自動化するサービスを提供している。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 IC3(アイシーキューブ) 【キヤノンITソリューションズ】 RICOH Unified Communication System 【リコー】 クラウド型Web会議サービス V-CUBE ミーティング 【ブイキューブ】 遠隔会議用スピーカーフォン「YVC-300」 【ヤマハ】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 社内普及しやすいWeb会議システム
●優れた音声品質
●操作が簡単
●狭帯域に強い
●設定・管理が簡単
「簡単」「クラウド」「ポータブル」。いつでもどこでもつながるテレビ会議・Web会議!会議室だけでなく現場や外出先など利用シーンに合わせて選べるラインナップ! 次世代の映像伝送技術(H.264/SVC)の採用で、拠点ごとに異なるインターネット接続環境でも各ネットワーク帯域に合わせて自動で映像・音声が最適化できるWeb会議サービス。 高性能の適応型エコーキャンセラーを始め、ヤマハが長年培ってきた音声処理技術を数多く搭載。音声とノイズをしっかり仕分けし、スマートフォンの電話利用時にも使える。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066248


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ