デージーネット、OSSシステム保守移管サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デージーネット、OSSシステム保守移管サービスを開始


掲載日:2016/02/29


News

 株式会社デージーネットは、オープンソースソフトウェア(OSS)を利用したシステムの保守移管サービスを開始した。

 同社の保守移管サービスでは、デージーネットの技術者がシステムを調査、現状を資料化し、現行のシステムで発生している問題のリストアップや修正を行なったうえで、保守サービスを開始する。これにより、OSS設定の記録を残さず時間の経過や担当者の配置換えで把握しきれなくなってしまった場合や、外部の企業が構築したシステムを利用している場合でも、システムに問題が発生した際の対処を支援する。

 また、継続してシステム管理者の運用をサポートするサービス「Open Smart Assistance」を利用した保守を受けることができる。同サービスでは、OSSをいくつも組み合わせたシステムでも各ディストリビューションサポートなどを活用してシステム全体をカバー。インストールしたOSSやソフトウェアの利用方法に関する質問への対応、セキュリティ情報の提供、障害発生時の回避・原因調査、障害時オンサイト対応、障害時システム再構築といったメニューが用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066222


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ