JM、2系統同時H.264エンコード対応の配信・録画デバイスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JM、2系統同時H.264エンコード対応の配信・録画デバイスを発売


掲載日:2016/02/29


News

 ジャパンマテリアル株式会社(JM)は、カナダMatroxが開発した、H.264エンコーディング対応の配信・録画デバイス「MHDX/J」を発売した。価格はオープン価格。

 「MHDX/J」は、本体フロントパネルのボタンまたはWebアプリケーション「Matrox Command Center」を利用することで、HDMIまたはSDIを入力ソースに指定できる。カメラやスイッチャーなどのデバイスを接続して使用でき、入力ソースは内蔵のフレームシンクロナイザーを利用して補正できるため、安定的なストリーミングとレコーディングを行なえる。

 2チャンネルのエンコーディングを同時に行なえ、両チャンネルを合わせた最大処理能力は30Mbps。パワフルなスケーリングやディインタレーシング、ノイズ低減エンジンなどの機能を活用でき、高品位の映像をストリーミング/レコーディングできる。

 2系統同時に、RTSPまたはRTMPプロトコルに準拠したH.264ストリーミングを行なえる上、各チャンネルで、それぞれ配信する映像と配信先を指定できる。また、2系統同時レコーディングを行なえ、MOVまたはMP4でファイル化し、SDカードやUSBドライブ、ネットワーク上のストレージなどに保存できる。

 2つのエンコーダーを搭載しているため、一定のビットレートで配信を行ないながら、同時にマスタ用の高品位なH.264ファイルを録画できる。録画ファイルの品質はライブ配信の帯域幅に制限されず、VODやNLEなどの用途にも対応できる。また、入力映像を低いビットレートでエンコードし、「Matrox Command Center」で配信前にプレビューできる。


出荷日・発売日 2016年2月25日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストリーミング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストリーミング」関連情報をランダムに表示しています。

「ストリーミング」関連の製品

オンライン・ビデオ・プラットフォーム Kollus 【カテノイド】
ストリーミング
動画配信サービスを構築、運用するのに必要な機能をオールインワンのクラウドサービスとして提供するオンライン・ビデオ・プラットフォーム。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066215


IT・IT製品TOP > WEB構築 > ストリーミング > ストリーミングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ