ペンタセキュリティ、クラウド事業者向けのWAFを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ペンタセキュリティ、クラウド事業者向けのWAFを発売


掲載日:2016/02/25


News

 ペンタセキュリティシステムズ株式会社(ペンタセキュリティ)は、クラウド事業者のためのWebアプリケーションファイアウォール(WAF)「WAPPLES Cloud」を発売した。

 「WAPPLES Cloud」は、既存の「WAPPLES V-Series」を利用できる「スタンダードエディション」と、様々なクラウドやエンタープライズ環境に適合する拡張バージョン「ビジネスエディション」で構成されている。「ビジネスエディション」では、Public Cloudに加え、Private Cloudを構成でき、対顧客のWAFサービスを展開できるサービスモデルやアーキテクチャを提供できる。大量のトラフィック処理や運営を行なうために、負荷分散、Auto Scaling、対顧客向けの統合管理システムなども備え、WAFを利用してビジネスを展開しようとする事業者に適合するWebセキュリティソリューションが提供される。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAF」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

「WAF」関連の製品

クラウド型WAF「攻撃遮断くん」 【サイバーセキュリティクラウド】 Barracuda Web Application Firewall 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】 CLEARSWIFT SECURE Web Gateway 【日立ソリューションズ】 AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策 【トレンドマイクロ】
WAF WAF WAF WAF WAF
情報漏えいを狙った脆弱性への攻撃や、DDoS攻撃によるサービス停止を防止するクラウド型WAF。導入サイト数は3000を超え、クラウド国内トップクラスの導入実績。 ファイアウォールやIDS/IPSで保護できない、Webサイトへの外部からの不正アクセスを防御。SQLインジェクションやXSSなどによる顧客情報流出やWebサービス停止を確実に防止 InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。 Webセキュリティに必要なURLフィルタリング、ウイルス対策などの機能をオールインワンで提供。 AWS環境からの情報漏えいを防止、ユーザー側で行うべき公開サーバの脆弱性対策

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066187


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ