インフォコーパス、IoT基盤にMQTTブローカーを標準搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォコーパス、IoT基盤にMQTTブローカーを標準搭載


掲載日:2016/02/25


News

 株式会社インフォコーパスは、機器間の協調動作を簡単/安価/安全に行なえるよう、IoTプラットフォーム「SensorCorpus」に、MQTT(MQ Telemetry Transport:メッセージプロトコルの一種)ブローカーを標準搭載し、MQTTを利用した接続を3月1日から利用できるようにする。

 MQTTは、HTTPSに比べ、軽量/省電力/高頻度/一斉同報通知/多対多通信といった特長を備えている。負荷を抑えて、多数のセンサ情報を配信/交換できるので、特にIoT/M2Mに適している。MQTTブローカーは、MQTTの配信用サーバーで、デバイスからのメッセージ受信と送信を行なう。スケール拡張も容易で、多数のセンサ間のデータを効率的にやりとりできる。

 今回、「SensorCorpus」にMQTTブローカーが標準搭載されたことで、従来のHTTPS版と同価格でMQTTを使った接続を利用できる。同社から提供されるライブラリを利用して、規定のMQTTトピックを指定することで、簡単に接続でき、センサや複数機器間の協調動作を行なえる。セキュリティも考慮されていて、MQTT over TLSによる通信路の暗号化に加え、個々のセンサデータはゲートウェイごとに隔離される。

 これにより、機器/設備/家電/自動車などを協調動作させられる。また、「SensorCorpus」のフィードバック/フィードフォワード制御と組み合わせることで、例えば、自動搬送車が故障したら後続車が経路を自動変更する、オフィス内で人がいる/移動しているところだけを自動照明し、人がいないところは消灯する、などの複雑な協調制御のシステムを、ゼロから開発しなくても簡単/安価に構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066186


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ