事例:SCSK、郵船商事の販売管理システムを刷新し稼働開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:SCSK、郵船商事の販売管理システムを刷新し稼働開始


掲載日:2016/02/25


News

 SCSK株式会社は、郵船商事株式会社の営業部門の新しい販売管理システムとして、ERPパッケージ「ProActive E2」が本格稼働したと発表した。

 郵船商事株式会社は、油関連を主とするエネルギー事業と舶用機器をはじめとするメカトロニクス(機械計装)事業を展開する企業。同社では、旧システムのサポート終了により継続利用が難しくなったこともあり、現状の課題である営業の事務作業にかかるコストの削減と拡販を可能にする新しい販売管理システムの検討を行なったという。

 新システムの検討では、月末月初に集中する業務を平準化し負荷を軽減することや、業務プロセスの変革による事務作業コストの削減により営業活動のための時間を創出すること、販売予算の策定及び業績予測精度を向上することが要望として挙がったとしている。

 今回、販売から請求、仕入から支払など、業務プロセスとデータが一元管理され、2重入力の廃止による作業負荷軽減が可能なことを評価し、「ProActive E2」の導入を決定したと述べている。また、受注確度管理や工程管理のシステム化などの要望事項を標準機能で対応できることや、ほかの製品よりも長期間にわたってサポートを受けることができ、安心して使えるシステムであったことも導入の決め手となったと伝えている。

 2015年8月に同パッケージを導入した結果、システム検討時の要望を満たすことができたほか、為替予約残高のシステム化による管理業務負荷の軽減や、取引先別与信の可視化及び与信超過取引先との取引抑制など与信管理レベルの向上、燃料/機械計装の2大事業の業務フロー統合による業務の標準化が可能となったと述べている。

 更に、伝票承認のワークフローシステム化による内部統制レベルの向上や、月末月初に集中していた業務が平準化され月次業務の負荷を軽減したこと、関連子会社へ同一システムを展開することで子会社の一部事業状況可視化及びグループ全体最適への足掛かりを作れたことなども効果として挙げている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Microsoft Dynamics AX 【日立ソリューションズ】 GRANDIT 【GRANDIT】 Oracle ERP Cloud 【日本オラクル】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 幅広い業種・業態における財務、調達、プロジェクト管理などの業務プロセスを最適化。短期間で導入でき、コスト効果の高いクラウドERP製品。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066180


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ