CAR、匿名化されたIPアドレスを判別し危険度を付与する機能提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CAR、匿名化されたIPアドレスを判別し危険度を付与する機能提供


掲載日:2016/02/23


News

 サイバーエリアリサーチ株式会社(CAR)は、IPアドレスから様々な情報を読み取るサービス「どこどこJP」に、通信元をカムフラージュしたIPアドレスを判別するためのデータを搭載し、提供を3月1日に開始する。

 「どこどこJP」は、IPアドレスを軸に、位置情報/組織/回線/気象など82種類のデータを判定するWeb APIサービス。

 今回提供される「どこどこJP 匿名ネットワーク属性」では、匿名化サービスで利用されているIPアドレスに対して、そのサービス名や、同社が判断した危険度、URLなどの付属情報が付与される。調査対象は、国内外の有料/無料の秘匿化サービスや、プロキシサーバとして利用される可能性があるVPS/クラウドサービスなど。『容易に匿名化できる状況のIPアドレスであるか』という情報に加え『どういった方法で匿名化しているか』という情報も検出される。

 オンライン決済処理のクレンジングや不正アクセス対策などのシーンでの判定基準として利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「サイバーエリアリサーチ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワークセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

シマンテック SSL サーバ証明書 【シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 負荷分散だけではない、BIG-IPが企業にもたらす多様なソリューション 【ネットワールド】 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 【富士通株式会社】 ネットワーク分離ソリューション 【アクシオ】 サイバー攻撃可視化プラットフォーム Arbor Networks Spectrum 【アーバーネットワークス】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
最新ウェブサイト攻撃の被害データと攻撃傾向を徹底解説 「BIG-IP」といえば負荷分散、そんな思い込みを持つ方は少なくない。しかしクラウドの普及やサイバー攻撃の増加といったIT環境の変化に適用する機能を豊富に用意している。 標的型攻撃対策で注目のデジタルフォレンジック、効果を最大化する先進技術とは 二要素認証、操作ログ、標的型攻撃対策、ファイル共有、ネットワーク分離を構成する各プロダクトと構築サービス。 企業に対する脅威やサイバー攻撃を発見、迅速な対応を行うためのプラットフォーム。サイバー攻撃による企業のビジネスリスクを低減する。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066141


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ