IDS、OSSを活用したMAの環境構築/運用代行サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IDS、OSSを活用したMAの環境構築/運用代行サービスを提供


掲載日:2016/02/16


News

 株式会社アイディーエス(IDS)は、オープンソースソフトウェア(OSS)を活用した「マーケティング・オートメーション(MA)導入サービス」の提供を開始した。

 「マーケティング・オートメーション導入サービス」では、運用のためのクラウド環境に加え、実業務への導入支援を含めたサービスが提供されるため、MA機能をすぐに活用できる。MAツールとして「mautic」が採用されている。

 「mautic」には、“メールマーケティング”“ランディングページ作成”“キャンペーン管理”“分析機能”“外部連携”といった機能が装備されている。今回提供されるサービスでは、同ソフトの稼働環境が、ユーザ専用のクラウド上に標準インストール済みの状態で提供される。

 見込み客獲得から育成/案件化まで幅広くMA領域をカバーし、オープンソースのため、ユーザごとの要件に合わせた機能拡張/カスタマイズに対応できる上、マネージド・サービスのためインフラの管理を自社で行なう必要がない。

 価格は、初期導入費用が50万円、月額利用料金が10万円で、契約期間単位は3ヵ月。


出荷日・発売日 −−−
価格 初期導入費用:50万円、月額利用料金:10万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み 【サンブリッジ】 ビジネスチャンスをつかむ糸口、「名刺」の正しいデータ活用法 【サンブリッジ】 イベントで獲得した名刺を次のマーケティング施策に活用する名刺管理サービス 【サンブリッジ】 社内の顧客情報を「Salesforce」で一元管理、名刺情報も集約させる方法とは? 【サンブリッジ】 役員の名刺情報をビジネスに活用するには? ブロードリンクに学ぶ名刺管理術 【サンブリッジ】
SFA SFA SFA SFA SFA
Salesforce一体型名刺管理サービスの実力――営業力を強化する名刺活用の仕組み ビジネス活動の糸口となる名刺。社内共有の取り組みが盛んになってきたが、そこで満足する企業も多い。本来の目的である営業活動の最適化、売り上げ拡大に必要な視点とは。 アナログな「名刺」を迅速にデジタル化、効率的にセールス活動する方法 成功事例:「Salesforce一体型の名刺管理ツール」で営業活動に変化が! 役員の名刺情報をビジネスに活用するには? ブロードリンクに学ぶ名刺管理術

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066042


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ