PTCジャパン、AR製品をWindows 10や新しいバーコードに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PTCジャパン、AR製品をWindows 10や新しいバーコードに対応


掲載日:2016/02/16


News

 PTCジャパン株式会社は、拡張現実(AR)プラットフォーム「Vuforia」で、Windows 10デバイスへの対応や、任意の対象物に対しAR体験を提供するバーコード“VuMark”ソリューションを含む新機能の提供を2016年春に開発者向けに開始する。

 今回、Windows 10がサポートされることで、「Vuforia」を用いる開発者は、マイクロソフトのSurface Pro 4やSurface BookといったWindows 10デバイス向けの開発を行なえる。開発者は、インタラクティブ3Dアプリ開発で使用されているUnityを使用することで、iOS/Androidに加え、Windows 10デバイスで動作する、複数プラットフォームに対応した単一アプリケーションを開発できる。また、開発者はマイクロソフトのVisual Studioを利用することで、Windows 10アプリケーションにAR機能を追加できる。

 バーコード“VuMark”は、独特な見た目と感覚を提供し、デザインの自由度に優れ、様々な対象物でAR体験を提供できるユニバーサルソリューション。URLやシリアル番号などのデータを容易にエンコードすることもできるため、機械類や製造物など、様々なモノに独自の体験を提供できる。

  (画像:“VuMark”例)



出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは?

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066026


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ