ヴイエムウェア、クラウド管理の新版でワークロード配置等を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ヴイエムウェア、クラウド管理の新版でワークロード配置等を強化


掲載日:2016/02/15


News

 ヴイエムウェア株式会社は、クラウド管理スイートの新版「VMware vRealize Suite 7」の提供を2月12日から順次開始する。

 「VMware vRealize Suite」は、ハイブリッドクラウド向けに開発されている。クラウドの自動化/運用やクラウドビジネス管理などのソリューションを一元的なプラットフォーム上に統合し、IT部門がビジネスのスピードに合わせて統合的なサービスを提供しながら、IT部門に求められるコントロールやコスト効率も維持できるよう支援する。

 今回の新版に含まれる「VMware vRealize Operations 6.2」は、「VMware vSphere Distributed Resource Scheduler(DRS)」との緊密な連携など、ワークロード配置機能が強化されていて、運用にかかる時間を削減しながらアプリケーションやインフラのパフォーマンスを改善できるよう図られている。また、「VMware vRealize Log Insight 3.3」では、バックエンドや運用に関する様々な機能が強化されている。新たに導入された“Simple Query API”により、既存のプロセスとのシンプルな統合や外部アプリケーションとの連携のためのWeb Hooks対応が可能になる。

 「VMware vRealize Automation 7」は、クラウド環境全体にわたるアプリケーション視点のネットワークとセキュリティを備えた、統合的なサービス・ブループリント機能を提供し、統合マルチ・ティア・アプリケーションのデリバリを簡素化/高速化できるよう図られている。また、「VMware vRealize Business for Cloud 7」は、オンプレミスまたはパブリッククラウドから提供されるITサービスのコストや品質に関する透明性やコントロールを強化できる。

 同製品の“Standardエディション”も新たに提供される。異種混在やハイブリッド クラウドなどの様々なインフラ環境全体にわたって、稼働状況/パフォーマンス/キャパシティを管理するための分析が可能で、ログ分析機能も備えている。

 新たなライセンス形式“Portable Licensing Unit(PLU)”も提供される。VMware vSphereに加え、その他のハイパーバイザや物理サーバ、またはVMware vCloud Air、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureを含む、対応するパブリッククラウドなど、利用するソリューションやパブリッククラウドを問わず、ライセンスの切り替えや変更が不要で柔軟にワークロードを管理できるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

医療現場に即した形でIT化を促進、旧OS継続利用とモバイル活用の両立法とは? 【パラレルス】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】 セキュリティ製品を活用しきれない理由は「オペレーション」にあり 【ServiceNow Japan】 CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ 【日本オラクル株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
医療現場に即した形でIT化を促進、旧OS継続利用とモバイル活用の両立法とは? システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) セキュリティ製品を活用しきれない理由は「オペレーション」にあり CAPEXだけでなくOPEXも削減、DB運用を意識したプライベートクラウド構築アプローチ

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066014


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ