Arcserve Japan、統合バックアップ・リカバリの新リリースを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Arcserve Japan、統合バックアップ・リカバリの新リリースを出荷


掲載日:2016/02/15


News

 Arcserve Japan合同会社は、統合バックアップ・リカバリソリューションの新リリース「Arcserve Unified Data Protection(UDP)v6」「Arcserve Backup r17」の出荷を3月3日に開始する。

 「Arcserve UDP v6」は、簡素な運用を提供するほか、仮想化統合基盤の課題や事業継続に対応するための機能強化が行なわれ、災害時や障害時などに、迅速・容易に業務を再開できるリカバリ機能や、運用管理ツールとのジョブ連携、Linuxプラットフォームに向けた機能強化が含まれている。

 本番サーバの障害や災害など、業務継続へのリスクに際し即座に業務再開を図れる「インスタントVM」の機能が提供され、3項目を設定することで実行、業務再開を行なえる。ジョブの実行、監視を行なう運用管理ツールとの連携を容易にするコマンドラインインターフェースが提供され、コマンドからバックアップ/リストアなどを行なえるため、ジョブネットに組み込んでシステム運用の一部としてバックアップを管理できる。また、Linuxサーバのバックアップが強化され、Windowsサーバと同等のバックアップと管理ができるほか、バックアップ/リストアの処理を見直したことで、処理性能が向上している。

 「Arcserve Backup r17」では、「Arcserve UDP v6」との製品統合が進んでいる。統合テープバックアップ機能が提供されることで、「Arcserve UDP」の復旧ポイントのテープへの移行(D2D2T:Disk to Disk to Tape)に関わるスケジューリングや監視など、バックアップ運用を「UDP」のコンソールから一元的に行なえる。また、統合インストーラを利用することで、インストールしたい製品をチェックする操作で、自動的にモジュールをダウンロードして、複数製品を一度にインストールできる。

 Microsoft Exchange Serverの詳細レベルリストア ユーティリティが提供され、Exchange Serverの詳細アイテムを個別にリストアできる。また、VMware vSphere 6.0 Update 1とVDDK 6.0 Update 1をサポートし、VVOL構成の仮想環境でも運用や構成を変えずにバックアップできる。また、バックアップ元/バックアップ先として、“4Kディスク”にネイティブ対応し、4TB以上の大容量HDDを利用できるほか、LTO(Linear Tape-Open)-7テープ装置に対応する。

 価格は、「Arcserve UDP v6」が10万円から(1年間の保守サポートを含む)、「Arcserve Backup r17」が15万円から。


出荷日・発売日 2016年3月3日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

数分で仮想マシンをリカバリー、新機能でバックアップ製品を強化 【ベリタステクノロジーズ】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド対応はもう当然? 進化したバックアップの機能に迫る 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20066003


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ