DNP、写真画質を自動補正するサーバーソフトウェアを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DNP、写真画質を自動補正するサーバーソフトウェアを発売


掲載日:2016/02/12


News

 大日本印刷株式会社(DNP)は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真の色調のバランスやコントラストなどを自動的に調整し、適切な画像に補正する「DNP画像色補正サーバーソフトウェア Color Essenceサーバー」を発売した。

 「DNP画像色補正サーバーソフトウェア」は、同社が開発した写真画像を自動補正するプログラム「DNP画像色補正ライブラリ」を画像処理エンジンとして組み込んだソフトウェア。写真データを管理するサーバーにインストールすることで、画像補正を自動的に行なえる。

 利用方法としては、同ソフトウェアで管理する入力・出力フォルダを作成し、入力フォルダにデジタルカメラやスマートフォンで撮影した画像を登録することで、出力フォルダに色補正された画像が自動的に生成される。企業内の共通サーバなどにインストールすることで、そのサーバーを利用している複数の組織・部門のメンバーが、自由に色補正された画像データを使用できる。

 画質向上のための補正機能としては、露出不良画像の明るさや、正常な色バランス(ホワイトバランス調整)、画像の明部と暗部のコントラスト、肌・植物・空などの記憶色領域の色調を補正できるほか、ピントがぼけている画像はシャープに補正でき、デジタル画像のノイズ除去も行なえる。補正処理は全自動で行なわれるため、色補正に関する専門的な知識や操作は不要となっている。

 大量の画像データを一括で補正処理でき、同ソフトウェアが管理する入出力フォルダと既存システムとの連携も可能。また、被写体や用途別に画質調整パラメータをカスタマイズし、個別の入力フォルダに割り当てることで最大10種類の補正処理を使い分けることができる。カラーマネジメント機能により、印刷用の4色(C:シアン、M:マゼンタ、Y:黄、K:黒)への変換が可能で、印刷用画像データも作成できる。

 なお価格は、ソフトウェアライセンス費用が300万円。


出荷日・発売日 2016年2月10日 発売
価格 ソフトウェアライセンス:300万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065989


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ