レノボ、ビジネスでのユーザビリティに配慮したPC 4製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、ビジネスでのユーザビリティに配慮したPC 4製品を発売


掲載日:2016/02/12


News

 レノボ・ジャパン株式会社(レノボ)は、ビジネスシーンでのユーザビリティに配慮したPC「X1ファミリー」4製品を発売した。

 今回発売されたのは、着脱式モジュール設計を採用し、目的に応じて形を変えられる「ThinkPad X1 Tablet」と、ハイパフォーマンスで新機能を備えたノートPC「ThinkPad X1 Yoga」、薄さと軽さ、堅牢性に優れた「ThinkPad X1 Carbon」、厳しいビジネス・ニーズに対応する性能を備えたデスクトップPC「ThinkCentre X1」の4製品。

 「ThinkPad X1 Tablet」は、2-in-1タイプのマルチモードPC。液晶部分とキーボードの分離機能に加え、3つのタイプのモジュラーを目的に応じて交換することで、バッテリやプロジェクター、3Dカメラなど、機能を拡張できる。ThinkPad X1 Tablet Thinキーボード装着時で厚さ約13.7mm/重さ約1.07kg、タブレット状態では厚さ約8.45mm/重さ約767gの軽量設計ながら約10時間のバッテリ駆動を達成している。

 「ThinkPad X1 Yoga」は、画面が360度回転するビジネスノートPC。厚さ約16.8mm/重さ約1.27kgで、タブレットモードにするとキーボード面がフラットになりキーをロックする“Lift’n’Lockキーボード”などを備えている。ディスプレイには高精細な表示を行なえる14インチWQHD(2560×1440ドット)IPS液晶を採用している。最大512GBのPCIe NVMe SSDを搭載でき、パフォーマンスが向上しているほか、WiDi対応やインテリジェント・クーリングなどの機能も備えている。

 「ThinkPad X1 Carbon」は、14インチのビジネスモバイルノートPC。クラムシェル型のカーボンボディがリファインされ、厚さは16.45mm、重さは約1.18kgに抑えられている。ディスプレイのWQHD対応、最大16GBのメモリや最大512GB PCIe NVMe SSDをサポートし、接続ポートの拡張、堅牢性などを備えている。

 「ThinkCentre X1」は、23.8インチのIPSアンチグレア・ワイドスクリーンを搭載したデスクトップPC。フレーム部の厚さ約11mm(パネル部)の薄型デザインながら堅牢性も備えている。オフィス内の雑音をシャットアウトするマイクや、Dolbyオーディオ対応スピーカー、1080p Webカメラなどを搭載し、オンライン会議にも適している。


出荷日・発売日 2016年2月9日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ノートパソコン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ノートパソコン」関連情報をランダムに表示しています。

「ノートパソコン」関連の製品

「Surface Pro 4」がワークスタイル変革に使えるこれだけの根拠 【日本マイクロソフト】
ノートパソコン
企業がワークスタイル変革を進める上で、クライアント環境に求められる条件とは何か。その条件を満たす具体的なデバイスとは。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065982


IT・IT製品TOP > PC > ノートパソコン > ノートパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ