SBR、エヌ・デーソフトウェアと介護でPepper活用の実証実験開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SBR、エヌ・デーソフトウェアと介護でPepper活用の実証実験開始


掲載日:2016/02/08


News

 ソフトバンクロボティクス株式会社(SBR)は、人型ロボット「Pepper」と、エヌ・デーソフトウェア株式会社のソフトウェア「ほのぼのNEXT」を活用し、高齢者介護でのロボット活用に向けた実証実験を開始したと発表した。

 エヌ・デーソフトウェアが提供する「ほのぼのNEXT」は、異なる医療/介護システム間での情報交換を可能にする福祉業務支援ソフトウェアで、今回の実証実験では「ほのぼのNEXT」と連携した「Pepper」が利用される。

 同実証実験では、「ほのぼのNEXT」に登録されたケア情報を基に、介護施設利用者の介護レベルに応じた服薬管理や体操などのレクリエーションを行ない、介護施設利用者と「Pepper」との交流で、介護施設利用者の変化や、介護職員の補助ツールとして活用できるかを検証するという。

 なお、この実験は総務省の平成27年度 医療・介護情報連携基盤の活用の推進に関する調査の一環で実施するもので、介護老人福祉施設「幸風苑」を運営する社会福祉法人セイワの協力のもと、2月3日から5日まで実施されると伝えている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

大容量高速ファイル転送 「活文 Accelerated File Transfer」 【日立ソリューションズ】 “保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 【カーバチュア・ジャパン】 「ハイパーコンバージドインフラ」に関するアンケート 【ヴイエムウェア株式会社】 ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】
ファイル転送 IT資産管理 垂直統合型システム データ分析ソリューション 無線LAN
インターネット回線を利用し、海外など遠隔地とGB単位の大容量
データを高速転送できるサービス。パッケージのほか、IoT機器や
システムなどに組み込むSDKとしても提供可能。
“保守期限切れ”でも機能するなら使う――IT機器の延命が好結果を生む理由 Amazonギフト券が当たる「ハイパーコンバージドインフラ」アンケート ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは?
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065933



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ