富士通、ビッグデータ分析サービスに画像・音声向け技術を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、ビッグデータ分析サービスに画像・音声向け技術を提供


掲載日:2016/02/05


News

 富士通株式会社は、ビッグデータの分析サービス「FUJITSU Intelligent Data Service データキュレーションサービス」に、新たな分析手法として画像・音声認識などの分野に効果的な“Deep Learning”を適用し、提供を開始した。

 今回提供されるサービスでは、新ビジネスの創出や業務改革に向けて、自社で保有する画像や音声などのデータの活用を目指すユーザ向けに、専門スキルを持つキュレーター(データサイエンティスト)がデータを分析し、“Deep Learning”を導入した場合の効果を検証する。自社での分析に比べ、検証にかかる初期投資や期間の低減を図れる。

 同社のキュレーターが、ユーザの保有する画像・音声などのデータを預かり、目的に合わせた効果検証のフレームワークを適用。“Deep Learning”を用いて、約2か月でデータ分析モデルの作成と評価を行ない、結果をレポートする。また、同サービスで作成したデータ分析モデルをビジネスに活用したいユーザには、分析モデルの提供や活用のためのコンサルティング、システム構築なども行なっていく。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

Rユーザー向け分析プラットフォーム 「Visual R Platform」 【NTTデータ数理システム】 SAS Event Stream Processing Studio 【SAS Institute Japan】 データガバナンス・フレームワーク 【SAS Institute Japan】 機械学習からビジネス価値を引き出す5つのステップとは? 【ServiceNow Japan】 「興味ベクトル」で顧客の興味関心を発掘する、プライベートDMP活用術 【富士通株式会社】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
R言語が持つ多くの統計手法を、簡単なマウス操作で実行できる汎用の統計解析ツール。統計解析に必要なデータの前処理から、集計・分析まで、高機能な解析環境を提供。 ソーシャルやIoTデータを瞬時に分析、「ストリーミング分析」を成功させる秘訣 データ主導の意思決定に欠かせない「データガバナンス」をどう実現する? 機械学習からビジネス価値を引き出す5つのステップとは? 富士通は顧客の興味・関心をどのように発掘しているのか?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065909


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ