インフォアジャパン、業界特化型サプライチェーンの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォアジャパン、業界特化型サプライチェーンの新版を提供


掲載日:2016/02/03


News

 インフォアジャパン株式会社は、サプライチェーン実行系アプリケーションの新版「Infor SCE(Supply Chain Execution)10.4」の提供を開始した。

 「Infor SCE」では、倉庫管理システム「Infor WMS」に、労務管理、3PLビリング(請求処理)、輸送管理機能を組み合わせている。今回の新版では、フルフィルメント(商品受注から出荷管理の一連の作業)に対応した倉庫管理の新機能や、業界に特化したダッシュボード、UIをカスタマイズできる拡張機能などが追加され、サプライチェーンの動きを、サプライヤやユーザの視点から可視化できる。

 フルフィルメントに対応した動的スロッティング(倉庫の割り当て)機能を搭載し、倉庫管理者に商品の回転スピードや関連情報の変化に合わせた倉庫レイアウトの組みなおしを提案できるため、指定された保管場所がない場合も、自動で割り当てを行なえる。また、入庫品質管理機能が追加され、入庫品をサンプリングして品質調査を行ない、その結果を効率的にトラッキングできる。新しい設定画面を備え、オーナー・サプライヤ・品目レベルでサンプリングルールを定義でき、サプライヤへの品質マネジメントを強化できる。

 既存のtelnetでRF(無線)デバイスに対応できる上、HTML5に基づくRFデバイスでWeb UIを提供できることで、ユーザはプラットフォームに非依存でRFデバイスやスマート機器を活用できる。また、細かく設定できるメッセージングアプリケーションが追加されたことで、RFデバイス同士での会話を行なえ、倉庫プロセスの迅速化を図れる。

 小売・ヘルスケア・3PLの3つの業界向けダッシュボードが追加された。使いやすさと業界向け機能に優れ、業界特有の評価指標やKPIを閲覧できる。また、コードの変更不要で、利用者自身が画面をカスタマイズできるよう、新しいRFデバイスの画面デザイン機能や、UI/フォームベースの画面設定機能などの拡張機能が追加されている。「Infor Reporting 10.4」への対応や、ガントチャート形式でアポイントメントを確認できる新しいグラフィカルビューも追加された。なお、今回追加されたモジュールは、UX 3.0に準拠したスタイルで、同社のソーシャルコラボレーションプラットフォーム「Infor Ming.le」や「Infor Operational Reporting」、目的特化型ミドルウェア「Infor ION 10x」と連携する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】 在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】
SCM SCM SCM
多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。 多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065874


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ