日立情報通信エンジニアリング、「人流計測ソフトウェア」を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立情報通信エンジニアリング、「人流計測ソフトウェア」を発売


掲載日:2016/02/03


News

 株式会社日立情報通信エンジニアリングは、人流データの広域における動線や滞留状況、人数などを解析可能とし、セキュリティ設備や省エネ設備と連携したシステム構築やソリューションの提供も可能になるソフトパッケージ「人流計測ソフトウェア」を発売した。

 「人流計測ソフトウェア」は、人間の動きをセンサなどにより一定期間計測し、それらのデータを蓄積・分析して空間価値を定量評価することで、効果的な空間利用の実現をサポートする“人流計測”のためのソフトパッケージ。通行者や入店者などの人数計測に加えて、動線や滞留状況、入店率、入店経路の分析が可能となり、誘導・集客のためのレイアウトの改善や広告設置場所の検討、デッドスペースの有効活用などを図れる。

 計測には、個人を特定することのないレーザー・レーダー方式を採用。位置検知誤差精度は30cm以下で、リアルタイムに検知ができ、人体に安全な赤外線レーザーを使用することで暗闇でも人の認識が可能となっている。また、複数のレーザー・センサを用いることで、計測エリアの拡張も行なえる(利用実績 約5000平方メートル)。

 従来は「人流計測サービス」として、導入コンサルティングやシステム構築、計測、レポート提供などを行なってきた。今回、「人流計測サービス」の中核となるソフトウェアをパッケージ化しライセンス販売することで、コンサルティング会社やシステムインテグレータなどのユーザ自身での人流計測が可能となり、オフィスや工場、倉庫などのセキュリティ設備、省エネ設備、他各種設備とのシステム連携にも対応できる。

 環境構築、運用、データ収集などの計測作業支援ツールやマニュアルが用意されていて、教育にも対応する。また、現地調査、システム方式・構成設計、センサ配置シミュレーション、オンサイト構築、オンサイト計測などの導入・支援サービス、各種レポート作成などのレポートサービスもメニュー化されている。常設で人流計測を実施するユーザ向けには、用途に合わせて施設や設備などへの組み込みにも対応する。

 なお価格は、80名程度までを対象とした「ライトパッケージ」が年間ライセンスで80万円、など。


出荷日・発売日 2016年2月2日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データ分析ソリューション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データ分析ソリューション」関連情報をランダムに表示しています。

「データ分析ソリューション」関連の製品

顧客からのアクションを引き出すデータストーリーテリングの「7つの秘訣」 【SAS Institute Japan】 ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 【日本アイ・ビー・エム】 ディープラーニングの業務利用、あのAI技術はなぜ結果を出すのか 【日本電気株式会社】 音声マイニングソリューション 「VextVoiceMiner」 【ベクスト】 「位置情報」×「自社コンテンツ」が生む新たな価値とは? 【応用リソースマネジメント】
データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション データ分析ソリューション
顧客からのアクションを引き出すデータストーリーテリングの「7つの秘訣」 ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方 ディープラーニングの業務利用、あのAI技術はなぜ結果を出すのか コンタクトセンタに蓄積された音声データを音声認識によってテキスト化し、テキスト化されたテキストデータをテキストマイニングによって分析・活用するソリューション。 「位置情報」×「自社コンテンツ」が生む新たな価値とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065870


IT・IT製品TOP > データ分析 > データ分析ソリューション > データ分析ソリューションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ