NTT Com、OCNユーザ向けにマルウェア自動検知/遮断を無料で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、OCNユーザ向けにマルウェア自動検知/遮断を無料で提供


掲載日:2016/02/02


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、インターネット接続サービス「OCN」ユーザなどを対象に、「マルウェア不正通信ブロックサービス」の提供を、無料で開始した。

 「マルウェア不正通信ブロックサービス」では、マルウェアが外部のC&Cサーバ(感染した機器などに遠隔指令を出す)と通信を行なおうとすると、通信の内容(宛先情報)からそれを検知しアクセスを遮断することで、未然に被害発生を防止する。また、マルウェアに感染していることが検知されたユーザには、同社から通知を行なう。

 ネットワークで対策を行なうため、ユーザによる設定は不要。同サービスで検知/遮断のために参照する情報の範囲は、業界団体のガイドラインに準じていて、参照するのは通信の宛先情報のみで、ユーザが通信している情報の具体的な中身は参照しない。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか 【シマンテック】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 エンドポイント可視化で標的型攻撃を検出 【シマンテック】 情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
なぜ今「エンドポイントセキュリティ」を見直す必要があるのか インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 狙われるエンドポイント――サンドボックスをもすり抜ける脅威と、どう戦うか 多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065833


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ