NTT Com、OCNユーザ向けにマルウェア自動検知/遮断を無料で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、OCNユーザ向けにマルウェア自動検知/遮断を無料で提供


掲載日:2016/02/02


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、インターネット接続サービス「OCN」ユーザなどを対象に、「マルウェア不正通信ブロックサービス」の提供を、無料で開始した。

 「マルウェア不正通信ブロックサービス」では、マルウェアが外部のC&Cサーバ(感染した機器などに遠隔指令を出す)と通信を行なおうとすると、通信の内容(宛先情報)からそれを検知しアクセスを遮断することで、未然に被害発生を防止する。また、マルウェアに感染していることが検知されたユーザには、同社から通知を行なう。

 ネットワークで対策を行なうため、ユーザによる設定は不要。同サービスで検知/遮断のために参照する情報の範囲は、業界団体のガイドラインに準じていて、参照するのは通信の宛先情報のみで、ユーザが通信している情報の具体的な中身は参照しない。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは? 【コネクトワン】 「WannaCry」でも悪用か、“官製ハッキングツール”の脅威にどう対処する? 【株式会社シマンテック】 未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応 【マカフィー】 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 【パロアルトネットワークス】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 テレワーク導入の勘所――生産性と安全性を両立するための必須機能とは? サイバー兵器によるパンデミックを逃れる「脅威対策の4原則」 未知のマルウェアをどう防御する? 主要ツールで検証するシナリオ別脅威対応 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065833


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ