アクロクエスト、IoTプラットフォームに異常検知機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクロクエスト、IoTプラットフォームに異常検知機能を追加


掲載日:2016/02/02


News

 アクロクエストテクノロジー株式会社(アクロクエスト)は、IoT(Internet of Things)ストリームデータ処理のアプリケーションプラットフォーム「Torrentio」に、異常検知機能を追加した。

 「Torrentio」は、プログラミング不要でIoTサービスを構築可能なアプリケーションプラットフォーム。ドラッグ&ドロップによるコンポーネントの配置でサービスを構築できるビジュアルエディタを備えるほか、ストリームデータ処理の採用でリアルタイムのアクセス解析やユーザ動向の変化の検出が可能となっている。また、RESTやMQTT、Amazon Kinesisなど、様々なプロトコルやサービスからデータを受信でき、解析した結果はDBやNoSQLへの蓄積、リアルタイムの通知なども可能となっている。

 今回追加された異常検知機能では、「Torrentio」と連携するセンシングデバイスなどから収集している“時々刻々と変化するデータ”(ストリームデータ)をリアルタイムに機械学習していく。また、異常発生時には連携されているダッシュボードやメールでの通知、MQTTやWebSocketなどのプロトコルを利用した外部システムの制御を行なえる。これにより、セキュリティ分野における攻撃検知や、工場・鉄道・電力分野の設備などに対する予兆保全などを支援する。

 事前のモデル準備や学習データの準備は不要で、センサからのデータがあれば適用可能。変化量を自動で分析するため、閾値での判定ではできない、データにばらつきがあるケースや、データの層・モードが変化するケースなどにおいても、誤検知の低減を図れる。外れ値検知や変化点検知にも対応していて、センサから収集されたデータ群から大きく外れる値や時系列における変化率が大きくなったタイミングなどを検出できるため、振動の多い工場の機器などについての異常値検知にも適用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「その他情報システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他情報システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065819


IT・IT製品TOP > 情報システム > その他情報システム関連 > その他情報システム関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ