富士通、物流業務ソリューションに基幹業務・配車支援製品を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、物流業務ソリューションに基幹業務・配車支援製品を追加


掲載日:2016/02/01


News

 富士通株式会社は、物流業務を支援する「FUJITSU ロジスティクスソリューションLogifit」シリーズに、輸配送業者向けの基幹業務ソリューション「Logifit TM-基幹」と、輸配送業者や業務の一部に配送業務を持つ企業向けの配車支援ソリューション「Logifit TM-配車」の2製品を追加し、提供を2月中旬に開始する。

 「Logifit TM-基幹」では、輸配送における受注や配車管理、売上・請求・支払管理、経営収支などを一括して行なえる。使用トラック台数で料金換算を行なう“ルート配送”や、荷主が複数発生する“複数積降配送”、専門の配送業者に委託する“中・長距離輸送”など、それぞれで異なる輸送形態に対応した販売管理機能を搭載している。これにより、輸送形態をシステム上で選択することで、その形態ごとの請求や支払が可能となる。

 物流センタ管理システム「Logifit WM」と連携することで、輸配送のほか、倉庫利用の請求と支払を合わせて管理でき、荷役・保管・運賃の請求情報を統合的に管理可能となる。また、運行管理システム「Logifit TM-NexTR」や、財務会計・人事給与システム「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA」シリーズの標準インターフェースも搭載し、運行時間の実績などの労務情報や請求・支払・債務などの仕訳情報を連携させることができる。

 「Logifit TM-配車」は、適切な配送ルートや積荷量、委託配送業者などを計画できる配車支援ソリューション。中・長距離の輸送業務や配送途中の積込・荷卸業務についても、自動で配車計画をたてることができる。算出された配車計画の確認時には、ドラッグ&ドロップでトラックや出発時間などの項目を組み直せば、それに合わせて変動する積載率や到着予定時刻などがすぐに反映される。

 配送する方面ごとに異なる各配送業者の運賃表から車両単位の概算収支を算出でき、車両単位の採算を把握可能とする。また、「Logifit TM-NexTR」の標準インターフェースも搭載し、顧客からの問い合わせやスケジュール変更の即時対応のため、配車計画データと実際の運行の進捗状況を照らし合わせることもできる。

 なお価格は、「Logifit TM-基幹」がミニマムモデルで700万円など、「Logifit TM-配車」が220万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】 在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】 購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】
SCM SCM SCM
多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。 入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。 多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065814


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ