クオリティア、自治体向けのメール無害化ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クオリティア、自治体向けのメール無害化ソリューションを提供


掲載日:2016/01/29


News

 株式会社クオリティアは、地方自治体向けのメール無害化ソリューション「Active! zone」を5月下旬(予定)にリリースする。

 「Active! zone」は、総務省が推奨する自治体向け情報セキュリティ対策の1つである、添付ファイルの無害化転送をサポートするソリューション。添付ファイルの削除や、HTMLメールのテキスト化、添付ファイルのテキストファイル変換などの機能を提供し、標的型攻撃対策を可能とする。

 アンチスパム機能やアンチウイルス機能をオプションで追加できるため、新設するメールサーバと連携させてシンプルな構成にすることも可能。また、添付ファイルの画像化や、添付ファイル無害化後のWebダウンロード化といった機能も、順次リリースされる。

 なお価格は、基本ライセンスが100ユーザで16万6000円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 基本ライセンス/100ユーザ:16万6000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

2018年第1四半期セキュリティ概況:サイバー犯罪者の“仮想通貨狙い”が明確に 【トレンドマイクロ】 ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは 【パロアルトネットワークス】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【日商エレクトロニクス】 クラウド型メールセキュリティサービス 「Private 秘書サービス」 【エクセス】 被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は? 【トレンドマイクロ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
2018年第1四半期セキュリティ概況:サイバー犯罪者の“仮想通貨狙い”が明確に ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 社外から届くメールをPCで受け取る前に安全な環境で閲覧し、必要と判断したメールだけを受信できるようにするセキュリティサービス。ビュワーはスマートフォンにも対応。 被害が拡大する「ビジネスメール詐欺」 代表的な手口と対策は?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065775


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ