トーワ電機、映像編集・CAD向けプロフェッショナルWSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トーワ電機、映像編集・CAD向けプロフェッショナルWSを発売


掲載日:2016/01/29


News

 トーワ電機株式会社は、映像編集・プロダクトデザイン(CAD設計・製品開発)向けワークステーション(WS)「APEXX5」シリーズの筐体デザインを変更し、モデルを刷新した、米国BOXX Technologies,Inc.の「APEXX5 8903」シリーズを発売した。

 「APEXX5 8903」は、タワー型で、汎用性に優れた拡張性を備えている。フルサイズPCIe 3.0 x16×4スロット、PCIe 2.0 x8(x4動作)×1スロット、PCIe x8(x8動作)×1スロットなどの拡張スロットを備え、GPUカードや、PCIe SSDストレージ、10GbEネットワークカードなど、用途に合わせて拡張カードを組み合わせられる。また、CPUは水冷装置を搭載できるため、静音環境で利用できる。

 XeonプロセッサE5-2600 v3製品ファミリーを2基搭載し、高解像度映像データの編集時にレンダリング時間の短縮を図れるほか、リアルタイムプレビューを行なえ、効率的な映像制作のワークフローを容易に行なえる。また、高性能な3D CG/CAD向けプロフェッショナルGPUを最大5基数搭載できるほか、1スロット仕様のグラフィックスも搭載できる。映像制作現場で利用されるAdobe Creative CloudやBlackmagic DaVinci Resolveなどに適したGPUコンピューティングプラットフォームを活用することで、4Kなどの高解像度映像をインタラクティブなリアルタイム編集や映像制作と、レンダリング済みの最終エクスポートで、優れたパフォーマンスを提供できる。

 ストレージ環境も柔軟に拡張でき、最大5基の3.5インチドライブベイとSSDベイ2基を内蔵し、4TB HDD搭載で最大20TB、SSD利用時最大12台19.2TBまでのストレージ構成をRAID構成で提供できるほか、別売りの内蔵拡張ベイを利用することで8台のSSDを追加できる。また、8K(7680×4320ドット)や4K非圧縮データなどの高解像で制作された映像も出力でき、ビジュアルソリューション構築に適したシステムを提供できる。


出荷日・発売日 発売済
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065769


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ