日立、感染端末の早期検出から強制排除までを自動的に実行可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立、感染端末の早期検出から強制排除までを自動的に実行可能に


掲載日:2016/01/26


News

 株式会社日立製作所(日立)は、標的型サイバー攻撃対策として、同社の不正PC監視・強制排除ソフトウェア「NX NetMonitor」、統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」と、ファイア・アイ株式会社のサイバー攻撃検知製品「FireEye NX」を連携させ、マルウェア感染端末の早期検出から強制排除までを自動的に行なうことで、感染拡大防止を図るソリューションの提供を2月1日に開始する。価格は個別見積。

 今回提供されるソリューションは、標的型サイバー攻撃を自動的に検知し、感染した端末を強制排除することで、マルウェアに起因するシステム障害や情報漏洩を防止する。また専用ソフトのインストールが困難な機器(IoTデバイスや専用OS搭載機、持ち込みPCなど)や既設の機器への専用ソフトのインストールが不要なので、容易に導入・運用できる。

 ネットワーク上の通信を監視している「FireEye NX」がマルウェアを検出すると、「NX NetMonitor」がその情報をもとにマルウェア感染した端末をネットワークから自動的に強制排除し、感染が拡大することでの2次的被害や情報漏洩の防止を図れる。また、「NX NetMonitor」の機能を活用することで、感染端末を隔離しながら、検疫サーバや解析サーバにのみ通信を誘導し、自動的に感染端末の検疫や解析をすることで、セキュリティ対策の運用性向上を図れる。なお、「JP1」の統合管理製品「JP1/Integrated Management」は、「NX NetMonitor」「FireEye NX」と連携し、両製品からのインシデントログを一元的に監視できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 個別見積

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 情報セキュリティSDK CYREN 【Jiransoft Japan】 エフセキュア プロテクション サービス ビジネス(PSB) 【ソフトバンク コマース&サービス】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 多数のグローバル企業で導入されている、アンチスパム、アンチマルウェア、URLフィルタリング、IPレピュテーションなどのセキュリティ機能を利用するための開発キット。 Windows PC、Mac、スマートフォンなど、幅広いデバイスおよびサーバプラットフォームのセキュリティを保護可能な多機能セキュリティソリューション。サンドボックス搭載。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065695


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ