サイオス、紙の情報をデータ化するリコー複合機向けアプリを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイオス、紙の情報をデータ化するリコー複合機向けアプリを強化


掲載日:2016/01/25


News

 サイオステクノロジー株式会社(サイオス)は、名刺や書類などの紙媒体情報をデジタルデータ化して業務の効率化を図れる、株式会社リコーの複合機向けアプリケーションの新バージョン「Quickスキャン V4」の提供を開始した。

 「Quickスキャン V4」の対応機種は、「MultiLink-Panel 搭載RICOH MP」シリーズと「MultiLink-Panel 搭載RICOH MP C」シリーズ。これらに搭載されている10.1インチのフルカラータッチパネルでより使いやすいように強化/改良されている。

 「やさしく名刺Ver.14.0 for Quickスキャン」と連携することで、最大16枚の名刺を一度にまとめて読み取り、社名/氏名などの文字情報を認識してデータ化し、自動的にDBを作成できる。読み取った名刺情報の管理/修正/追加も簡単に行なえる。DB保護/閲覧制限/アクセスログ機能も搭載し、情報漏洩や不正な複製を防止できる。

 「やさしくPDF Ver.9.0 for Quickスキャン」との連携機能では、手書きで記入/作成されていた定型フォームや帳票などの紙媒体情報を読み込み、データ化して、PCなどから直接文字/数値を入力できるようになる。入力されたデータはPDF形式で保存できる。

 「e.Typist Ver.15.0 for Quickスキャン」との連携機能では、様々な紙媒体情報をスキャンし、テキストなどの再利用可能なデータに変換できる。Word形式のほか、住所録や表などをExcel/CSV形式に変換できる。

 複合機などのオフィス機器やドキュメント管理システムなどとシームレスに連携する、リコーが提供するポータル・ソフトウェア「Ridoc Desk Navigator V4」と連携できる。データ化された情報を社内ネットワーク上の個人フォルダに様々なファイル形式で保存でき、保存されている情報を異なるファイル形式に変換することなども可能。

 導入支援/保守サービスとともに株式会社大塚商会が販売する。価格は7万円で、別途、設定指導料/保守料がかかる。

 書類の真正性を担保するタイムスタンプ機能がオプションで3月に搭載される予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 7万円(設定指導料/保守料は別途)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065689


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ