矢野経済研究所、乗員検知システム世界市場の調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、乗員検知システム世界市場の調査結果を発表


掲載日:2016/01/21


News

 株式会社矢野経済研究所は、乗員検知システムの世界市場について調査を実施したと発表した。

 調査期間は2015年7月〜2015年11月、調査対象は自動車メーカー/カーエレクトロニクスメーカー/半導体メーカー。調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接取材/電話・メールによるヒアリング/文献調査を併用している。

 乗員検知システムとは、車室内に搭載された各種センサが運転席/助手席の乗員の状態を検知し、その状況に応じて各種機能を働かせる車載システムのこと。すでに、シートに内蔵された体重センサによるエアバッグ制御システム(Advanced Air Bag System)や、車室内近赤外線カメラや操舵角センサを利用したドライバーモニタリングシステム(DMS:Driver Monitoring System)、半導体ガスセンサによるアルコール検知システムなどが実用化されているという。

 同調査では、これらの乗員検知システムのうち、乗用車及び車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるシステムを対象とし、またアルコール検知システムに一部大型バス/トラック向けを含むという。

 矢野経済研究所は、調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、2015年の乗員検知システム世界市場(メーカー出荷金額ベース、以下同様)は、前年比10.5%増の819億4200万円に達する見込みであると述べている。エアバッグを制御する乗員検知システムが市場の中心であり、Advanced Air Bagシステムとして米国市場の大部分の車両で採用されているという。

 2つめは、2025年の乗員検知システム世界市場は、2628億7400万円になると予測していると述べている。2014年から2025年までの年平均成長率は12.2%となり、乗員検知システム世界市場の牽引役はエアバッグ関連から自動運転関連のシステムに転換すると予測しているという。

 3つめは、2020年以降、レベル2の自動運転システム搭載車両の普及拡大が進み、ドライバーモニタリングシステム(DMS)の採用が増加すると考えると述べている。2014年から2025年までの年平均成長率は21.7%に達し、2025年の自動運転関連の乗員検知システム世界市場規模は1389億8500万円になると予測すると伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウドDDoS対策サービス 【日本ラドウェア】 サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク 【日本ラドウェア+他】 Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】 DXの重要性をIDCが解説――世界の本気が一目で分かるインフォグラフィック 【ブロケード コミュニケーションズ システムズ+他】
ADC/ロードバランサ ファイアウォール 検疫 データセンター運用 データセンター運用
トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 DDoS攻撃対策の選び方――大規模攻撃に備える3つの対策を解説 サイバー攻撃調査:2017年に警戒すべき4つのサイバーリスク Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方 DXの重要性をIDCが解説――世界の本気が一目で分かるインフォグラフィック
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065637



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ