Sansan、総額約20億円の第三者割当増資を実施

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Sansan、総額約20億円の第三者割当増資を実施


掲載日:2016/01/21


News

 Sansan株式会社は、米DCMなどを引受先とする総額約20億円の第三者割当増資を実施したと発表した。

 Sansanは、名刺をデータ化して人脈情報を共有管理できる、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を開発/提供している。また、個人向け名刺管理アプリ「Eight」の提供も開始している。

 同社は今回の増資により、シンガポールと国内計5ヵ所に「Sansan」の営業拠点を新設してアジアと日本全国への市場拡大に取り組むほか、「Eight」のマーケティングをより積極的に展開していくという。

 なお、今回の引受先はすべて既存の株主であり、同社の調達総額は約42億円になったと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? 【F5ネットワークスジャパン】 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 【日本アイ・ビー・エム】 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 【KDDI】 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 【KDDI】 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」 【KDDI】
統合運用管理 プライベートクラウド スマートフォン 無線LAN モバイル通信サービス
クラウド運用負荷を極限まで軽減、シンプルな管理を可能にする5つの優れた機能 先進企業がクラウドサーバとしてIBM z Systemsを活用する理由 Google、Androidスマートフォン向けVRプラットフォーム「Daydream」発表 山小屋にも快適な通信環境を――「富士山 Wi-Fi」実現の舞台裏 「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065636



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ