NTTソフトウェア、顧客対応向けチャットサポートシステムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、顧客対応向けチャットサポートシステムを発売


掲載日:2016/01/15


News

 NTTソフトウェア株式会社は、Webサイト上での問い合わせ対応や製品サポート・販売促進などの顧客対応を行なえるチャットサポートシステム「Remote Attend」を2月8日に発売する。

 「Remote Attend」では、コンタクトセンタのニーズを考慮し、チャットでのやりとりをログとして残せ、チャット前後に行なう顧客へのアンケートから“どのような顧客から、何についての問い合わせが多いか”といった傾向分析を行なえるほか、特定のキーワード群の発生頻度から、商品の評判や顧客の満足度などを見える化でき、経営判断材料などに活用できる。

 外国人観光客・労働者の増加を想定したマルチリンガル機能が提供される。問い合わせのやりとりが開始される前に、顧客の利用言語を自動判別することで、事前にその言語に対応できるオペレータにつなげられる。利用端末の設定言語に合わせ、オペレータ側の回答定型文も自動的に切り替えられる。言語は日本語・英語・韓国語・中国語(簡体字)に対応し、今後要望に応じて拡大される予定。また、高齢化などの社会背景に対応するため、情報アクセシビリティを考慮した見やすいチャット画面を提供する。顧客は自分に合った文字の色や大きさを設定でき、初期設定した情報は記憶されるため、次回以降も同じ設定で表示される。

 表情伝達機能では、やりとりに応じたオペレータの表情イラストが、顧客のチャット画面に表示される。文字だけでは伝わりにくいニュアンスを表現でき、顧客の理解度や共感度を向上しながらサポートできる。

 価格は、複数企業で環境を共有利用するプラン「SaaS for Business」が初期費用12万円、年間利用料1席8万2000円、より強固なセキュリティを求める企業向けに、クラウド環境の一部分の領域を専用利用するプラン「SaaS for Enterprise」が初期費用85万円、年間利用料1席20万円。なお、「SaaS for Enterprise」プランやオンプレミスでは、カスタマイズ導入する企業の要望にも対応する。


出荷日・発売日 2016年2月8日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「コールセンター/CTI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「コールセンター/CTI」関連情報をランダムに表示しています。

「コールセンター/CTI」関連の製品

次世代クラウドサービス PureCloud 【インタラクティブ・インテリジェンス】 NSTechno-phone Manager 【日本証券テクノロジー】
コールセンター/CTI コールセンター/CTI
コラボレーション、コミュニケーション、顧客エンゲージメント向けクラウドサービスをオールインワンで提供。高い拡張性・信頼性・セキュリティのもとで利用できる。 Ciscoのユニファイドコミュニケーションと連携するCTIアプリケーション。パソコンにて電話帳を検索、プレゼンスを確認しワンクリックによる電話発信などを実現。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065557


IT・IT製品TOP > 情報システム > コールセンター/CTI > コールセンター/CTIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ