ジェイズ、VDIより効率的で安いサーバー型セキュアブラウザ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ジェイズ、VDIより効率的で安いサーバー型セキュアブラウザ発売


掲載日:2016/01/15


News

 ジェイズ・コミュニケーション株式会社(ジェイズ)は、セキュアな環境下で使用できるサーバー型セキュアブラウザ「SCV」を発売した。

 「SCV」は、Linuxサーバの仮想領域(コンテナ)でインターネットブラウザを実行し、ローカルデスクトップに画面を転送することで、セキュアなインターネット接続環境を提供する。仮想領域をDocker/LXCコンテナ技術を利用して生成するため、従来のVDI(仮想デスクトップ)に比べ処理オーバーヘッドが削減されている。また、初期導入コストを、VDIの5分の1から10分の1程度に抑えられる。

 医療機関、金融機関や地方自治体などに、インターネット接続での個人情報の漏洩防止を目的に、効率的な外部ネットワークの分離を提供する。また、利用ユーザごとのプロファイルの保存、コピー&ペーストの可否、ファイル転送の可否などを設定できる。

 価格は、サーバー単位のソフトウェアライセンス(売切り)で、「Smallパック」(50同時ユーザ)が150万円、「Standardパック」(100同時ユーザ)が250万円。オプションでフルマネージドサービスも提供される。


出荷日・発売日 2016年1月13日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク 【ルックアウト・ジャパン】 ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 【アシスト】 行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】 サイバー攻撃対応BCPソリューション 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止
GDPRの重要課題:「プライバシー原則」違反となり得るモバイルの脅威とリスク ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。 サイバー攻撃に特化したBCPの計画・実施・運用・復旧計画までサポート。セキュリティ専任のコンサルタントが脅威分析から行動基準の策定まで支援する。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065536


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ