この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KCCS、連結子会社であるKCMCと合併


掲載日:2016/01/14


News

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、100%出資の連結子会社であるKCCSマネジメントコンサルティング株式会社(KCMC)を3月1日付で合併すると発表した。

 KCMCは京セラ独自の経営管理手法“アメーバ経営”の導入コンサルティングなどを目的に設立、医療/介護法人へ同経営を導入してきたという。

 今回の合併で、KCCSの開発力とKCMCのコンサルティング力を発揮し、ICT事業では人材拡充、経営コンサルティング事業ではICTサービスを付加価値とした事業拡大を図ると述べている。

 合併後の新会社名は京セラコミュニケーションシステム株式会社で、代表取締役会長に大田 嘉仁氏が、代表取締役社長に黒瀬 善仁氏が就任する。

 なお、“アメーバ経営”に関する権利は京セラ株式会社に帰属すると述べている。



  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

申請・承認・経理業務の効率化、中小企業が選ぶべき「経費精算システム」は? 【Donuts】 「電子メール」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ 【株式会社ジャストシステム】 ワークスタイル変革をモバイルノートPC化で、製品選びを紹介 【レノボ・ジャパン株式会社】 海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか? 【シンガポールテレコム・ジャパン】
会計システム 電子メール SFA ノートパソコン WAN高速化
申請・承認・経理業務の効率化、中小企業が選ぶべき「経費精算システム」は? 「電子メール」のアンケート4問に回答して【ギフト券1万円分】を当てよう 初アポから受注まで、SFAで生産性を高める“1つ上”のノウハウ ルネサス エレクトロニクスの大改革:PCをグローバル統一に一斉移行したメリット 海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065515



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ