富士通、オープンプラットフォームを採用したSDNソフトを発売

IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、オープンプラットフォームを採用したSDNソフトを発売


掲載日:2016/01/08


News

 富士通株式会社は、オープンプラットフォーム「OpenDaylight」を採用した、通信サービスプロバイダ向け広域仮想ネットワーク運用制御・管理ソフトウェア「FUJITSU Network Virtuora NC V03」を1月にグローバルで発売する。

 「Virtuora NC V03」は、標準的な各種インターフェースに対応し、マルチベンダーで構成されたネットワーク構築の自動化や仮想化を図れるSDN製品で、通信サービスプロバイダが、拡張性や柔軟性に優れたネットワークの構築と運用コストの削減を図れ、新しいサービスをスピーディーに展開できる。

 サウスバウンドインターフェース、オープンプラットフォーム、アプリケーションレイヤの3階層で構成され、トランスポートレイヤを効率的に管理できる。3階層に分けたことで、階層ごとにアジャイルやDevOpsなどのソフトウェア開発手法を活用して、各種のインターフェースやコントローラ上で動作しているアプリケーションへの影響を抑えながら、ネットワークのメンテナンスやアップグレード、ほかのコントローラへの移行を行なえ、試験工数の削減やサービスの継続性と質の向上を図れる。

 プラットフォームに「OpenDaylight」を採用し、マルチベンダーのデバイスやサードパーティーのアプリケーションをシームレスに統合でき、「OpenDaylight」対応のアプリケーションを容易に装備できる。アプリケーションレイヤは、通信ネットワークの制御や管理、サービスの実現、検証などのアプリケーション機能、外部の運用システムと連携するためのノースバウンドインターフェースで構成されている。モジュール構造になったアプリケーションは、データ収集や分析機能、リソース管理のための外部インターフェースを搭載している。

 トランスポートレイヤを管理するアプリケーションとして、既存のネットワークに新しいネットワーク装置を追加した際や、新しいネットワークの構築を行なった際に、自動的にノード・リンクや機器を検出する「リソース検出アプリケーション」、利用できる帯域幅やネットワークの障害、リンク単位または経路全体での通信の遅延、冗長性などの制約条件下で適切な経路を計算できる「経路計算アプリケーション」、通信サービスプロバイダ向けに、自動またはオンデマンドで回線サービスの活性化や復旧を図れる「動的回線活性化・自動回線復旧アプリケーション」を備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065451


IT・IT製品TOP > 仮想化 > SDN > SDNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ