JBCC、ソフトウェア製品が生産性向上設備投資促進税制適用対象に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBCC、ソフトウェア製品が生産性向上設備投資促進税制適用対象に


掲載日:2016/01/07


News

 JBCC株式会社は、上流工程開発支援ツール「XupperII」が、“生産性向上設備投資促進税制”の“【A類型】先端設備(ソフトウェア)”の対象ソフトウェアとして登録されたと発表した。

 “生産性向上設備投資促進税制”は、2013年12月に制定された産業競争力強化法に基づき、優れた質の設備投資に対する支援策として2014年1月20日より施行された税制優遇措置。

 今回登録された「XupperII」は、青色申告法人のうち資本金1億円以下の法人または個人事業主を対象とし、2014年1月20日〜2016年3月31日の期間には、即時償却と取得価額5%の税額控除、2016年4月1日〜2017年3月31日の期間には、特別償却50%と取得価額4%の税額控除が適用されるという。

 同製品を導入したユーザは、所定の手続きを行なうことで税務申告用の証明書が発行される。証明書の発行にかかる事務手数料はJBCCが負担すると伝えている。



  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 【タレスジャパン】 「Cloud KMS」対応、高度な暗号化でGCPとハイブリッドクラウドのデータを保護 【タレスジャパン】 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 【Box Japan】 「Office 365×Box」の新たな形、コミュニケーションを変えるコンテンツ管理術 【Box Japan】
メールセキュリティ 暗号化 暗号化 グループウェア グループウェア
単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 AWS環境のデータ保護と管理を実現、“暗号鍵”の一元管理でセキュリティ強化 「Cloud KMS」対応、高度な暗号化でGCPとハイブリッドクラウドのデータを保護 クラウド型コラボレーションツール導入から3年で第一三共はどう変わった? 「Office 365×Box」の新たな形、コミュニケーションを変えるコンテンツ管理術
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065410



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ