スカイコム、高速自動PDF生成エンジン&SIer向け開発キット発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


スカイコム、高速自動PDF生成エンジン&SIer向け開発キット発売


掲載日:2016/01/06


News

 株式会社スカイコムは、マルチタスク処理を行なった大量文書の高速自動PDF生成エンジンとSIer向けの開発キット(SDK)をセットにした「SkyPDF Server MT 2016」を発売した。

 「SkyPDF Server MT 2016」は、マルチスレッド型の高速自動PDF生成エンジンと、SDK3種(「SkyPDF MT SDK(Writer Lib)」「SkyPDF MT SDK(File Lib)」「SkyPDF Writer SDK」)がセットになったSIer向け開発キットで、帳票システムなどのアプリケーションと連動したPDFを生成するために、PDF生成エンジンをより詳細にコントロールしたい開発者向けの製品。

 「SkyPDF MT SDK(Writer Lib)」では、「SkyPDF Server MT 2016」の印刷設定(ページ設定、圧縮オプション、フォントの埋め込み、セキュリティ、すかし、PDF/Aなど)を制御できる。「SkyPDF MT SDK(File Lib)」では、出来上がったPDFファイルに対して操作や署名追加などの編集を行なえる。「SkyPDF Writer SDK」では、PDF生成時に、Wordのしおり/Excelのシート名/PowerPointのスライド名を内部解析し、PDFの“しおり”として自動生成できる。

 出力方法が改善されたことで、生成するPDFの軽量化を図れるほか、同社の技術に基づいてPDF生成を並列処理することで、サーバーの性能を発揮させられる。従来のRSA暗号に加えAES(Advanced Encryption Standard)暗号にも対応し、セキュリティ強化が図られているほか、通常の印刷操作と同じ手順でPDFを生成できる。


出荷日・発売日 2016年1月5日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 Mendix App Platform(超高速開発ツール、モデル駆動) 【ビルドシステム】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 FileMaker プラットフォーム 【ソフトバンク コマース&サービス】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 ソースコードを記述することなくアプリケーションを作成できる超高速開発ツール。モバイルアプリから、IoT、Cognitive対応のアプリまで、専門知識なしで容易に作成。 サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。 PCやモバイルに対応した業務アプリケーションを、プログラミング不要で作成することができるツール。企業の業務効率化に大きく貢献する。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065394


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ