MIND、クラウド活用を企画から運用まで支援するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MIND、クラウド活用を企画から運用まで支援するサービスを提供


掲載日:2016/01/05


News

 三菱電機インフォメーションネットワーク株式会社(MIND)は、クラウドサービスの活用を企画から運用までワンストップで支援するハイブリッドクラウドサービス「CloudMinder」を、2016年1月より順次発売する。

 「CloudMinder」は、同社データセンタのプライベートクラウドと、パブリッククラウド内のユーザシステムを専用ネットワークで接続し、パブリッククラウド環境の導入と運用を支援するサービス。プライベートクラウドからパブリッククラウドまでシームレスに活用可能となり、柔軟かつ迅速な拡張性が求められるWebフロントエンドとプライベートクラウド内の基幹システムとの連携や、DR(災害復旧)用のバックアップシステムとして利用できる。また、開発環境やビッグデータ分析など、パブリッククラウドが提供するPaaS(Platform as a Service)機能の利用も可能となる。

 セキュリティにも配慮されており、セキュアなネットワークが提供されるほか、アクセス制御や脆弱性診断などのサービスも提供される。また、24時間365日の監視や、利用契約・支払い・リソース確認などパブリッククラウドの運用代行なども提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「IaaS/PaaS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IaaS/PaaS」関連情報をランダムに表示しています。

「IaaS/PaaS」関連の製品

Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント 【日本情報通信】 Oracle Cloud Platform 【日本オラクル】 「IT as a Service」がハイブリッドクラウドの効果を最大化するわけ 【日本アイ・ビー・エム】 Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた 【日本オラクル株式会社】
IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS IaaS/PaaS
企業のクラウド移行のハードルは大き下がった「次世代IaaS」とは 長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。 パブリッククラウド主要3社を比較、性能・価格に優れたIaaSはどれ? 「IT as a Service」がハイブリッドクラウドの効果を最大化するわけ Oracle Cloudの「強み」「違い」をユーザー視点で聞いてみた

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065343


IT・IT製品TOP > データセンター > IaaS/PaaS > IaaS/PaaSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ