ビーブレイクシステムズ、ERPで支払調書へのマイナンバーに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビーブレイクシステムズ、ERPで支払調書へのマイナンバーに対応


掲載日:2015/12/28


News

 株式会社ビーブレイクシステムズは、統合型基幹業務パッケージ(ERP)「MA-EYES」で、2016年1月から利用可能になるマイナンバー制度対応を実施した。

 「MA-EYES」は、経営層からの視点を意識したERPパッケージ製品。プロジェクト管理、販売管理、在庫管理、購買/経費管理、作業実績管理、分析/レポート、ワークフローなど様々な標準機能をあらかじめ搭載しており、プロジェクト型企業の業務全般へ包括的に対応する。原価管理機能では、個人事業主に対する発注や支払を管理でき、源泉徴収した債務の一覧の確認や支払調書の出力ができる。

 今回のマイナンバー制度の開始にともない、源泉所得税申告時に必要な支払調書の様式ひな型が変更された。法人番号や個人番号などのマイナンバーを記載する欄を新たに設ける必要がある新様式に対応し、自社の法人番号を支払調書内の支払者欄に自動で出力できるようになった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

オープンソース クラウドERP Odoo(オドゥー) 【Pro-SPIRE】 海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 【ネットスイート】 Microsoft Dynamics NAV (ERP/基幹システム) 【パシフィックビジネスコンサルティング】 SAP環境のAWS移行 得られるメリットと注意すべき点は? 【アマゾンウェブサービスジャパン】 クラウドERP「freee」 【freee】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界100カ国以上、5万社以上の企業が利用するクラウドERP。通常のERPではサポートされていない機能も網羅しており、改修コストを掛けずに、ユーザー自身が機能追加できる。 海外進出企業の4大課題を解消――リスクとコストを抑える基幹システムの選び方 世界150ヵ国で11万社以上の導入実績。126言語、43ヵ国以上の商習慣に対応したマイクロソフトの中堅・中小企業向けグローバルERP。直感的な操作性と高い柔軟性が特長。 SAP環境のAWS移行 得られるメリットと注意すべき点は? 会計/人事労務などのバックオフィス業務を一元管理できるクラウドERP。計算・手続きなどの作業を自動化し、業務フローを効率化。手間もコストも削減。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065329


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ