クラウディアン、複数拠点統合ストレージ基盤を簡単に構築可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クラウディアン、複数拠点統合ストレージ基盤を簡単に構築可能に


掲載日:2015/12/28


News

 クラウディアン株式会社は、ソフトウェア定義のオブジェクトストレージ製品「CLOUDIAN HyperStore」で、複数遠隔拠点を統合するファイルベースのストレージ基盤を経済的に、簡単に構築/運用できるようにする、ファイル共有プロトコルなどのオプション「HyperStore Connect for Files」の提供を2016年初旬(予定)に開始する。

 「CLOUDIAN HyperStore」は、汎用的なx86サーバとLinux OSを使うことで、大量の非構造化データの格納に適した経済性の高い分散ストレージを構築できる。汎用サーバ2台(推奨3台)から小規模で開始し数PB超級にまでスケールアウトできる。複数データセンター間で同期/準同期を選択しファイル単位での複製を行なうため、秒単位でのDR(災害復旧)/BC(事業継続)対策が可能になる。クラウドストレージの事実上の標準となるS3 APIに準拠しており、数百種類の対応アプリケーション等を改修せずにそのまま活用できる。

 今回提供される「HyperStore Connect for Files」は、業界標準ファイル共有プロトコルであるSMB/NFS/FTPに対応し、サードパーティのゲートウェイなしに直接ファイルにアクセスできる。また、ファイルを遠隔拠点に置く際にグローバルファイルロックが可能になるほか、グローバルネームスペースにより、ダウンタイムなしに、複数拠点間で簡単にファイルアクセス/管理/分散配置ができる。複数部門や遠隔拠点ごとに分かれているファイルの管理を、同製品のストレージ基盤に統合すれば、ファイルサーバが乱立するサイロ化の問題に対処できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

仮想環境のBCP/DR対策、アプリケーション障害時も高速復旧 【サイオステクノロジー】 導入検討で実際に体験もできるハイパーコンバージドインフラ 【レノボ・ジャパン株式会社】 それぞれのニーズに適したSDS導入を支援 StorSelectプログラム 【レノボ・ジャパン株式会社】 SANsymphony-V 【データコア・ソフトウェア】 常に最先端のSDS利用を可能にするOSSとサポートの魅力 【レノボ・ジャパン株式会社】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
仮想環境のBCP/DR対策、アプリケーション障害時も高速復旧 仮想化による「運用コストと管理の複雑性増加」を解消する方法 「ニーズに適したSDSを導入したい」――情シスがとるべき選択 ストレージ仮想化という新しい価値観を提供するSoftware-Defined Storage製品。ストレージをハードウェアの制約から開放し、性能、容量、運用とコストを高次元で最適化。 100TB超のオールフラッシュストレージをSDSで素早く構築する方法

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065323


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ