東陽テクニカ、ネットバンキング等向け多要素/2経路認証を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東陽テクニカ、ネットバンキング等向け多要素/2経路認証を発売


掲載日:2015/12/25


News

 株式会社東陽テクニカは、スウェーデンKeypasco社の、インターネットバンキング利用者の利便性/安全性や銀行側の運用コスト低減を図れる認証システム「マルチファクター&2経路認証ソリューション」を2016年1月に発売する。

 「マルチファクター&2経路認証ソリューション」では、利用者固有認証情報(個人情報は含まない)/利用者端末デバイス認証/近距離通信端末/地理的位置情報/リスクマネジメント解析の5つの認証要素を使って、自分の端末からしか認証ができない環境を構築できる。また、利用者/銀行サーバ間に加え、利用者/Keypascoサーバ間の認証経路を設けることで、前者でセキュリティの脅威があっても後者により安全性の確保が図られる。

 利用者がスマートフォンやデスクトップPCにダウンロードして使用するクライアントソフトウェアと、銀行側で使用するクラウド/オンプレミス対応のサーバーソフトウェアで構成されている。

 インターネットバンキングに加え、クレジットカード決済を使ったインターネットショッピング/ゲーム、IoTやフィンテックでの、なりすましによる不正利用の防止を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 NeoFace Monitor 【NEC】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】
認証 認証 認証 認証 認証
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 もし知らないなら危険 情報漏えい対策「データセキュリティ4カ条」

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065309


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ