MJS、「SAP SQL Anywhere」シリーズでOEMパートナー契約締結

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MJS、「SAP SQL Anywhere」シリーズでOEMパートナー契約締結


掲載日:2015/12/25


News

 株式会社ミロク情報サービス(MJS)とSAPジャパン株式会社は、SAPジャパンが有する自己管理型DB「SAP SQL Anywhere」シリーズで、12月25日から3年間の包括的なOEMパートナー契約を締結したと発表した。

 「SAP SQL Anywhere」シリーズは、自律的で安定的に稼働し続けるための様々な自動機能を実装し、エンタープライズレベルの性能を有しながらDB管理者を不要にしている。通常のサーバーに加えて、リソースの限られた端末上でも稼働する軽さと性能を備えている。

 MJSはこれまでも、自社製品に同DBを搭載していたが、今回、SAPジャパンと新たにバージョンフリーの権利を追加した包括的なOEMパートナー契約を締結した。これにより、MJSは自社の財務/会計、税務をはじめとする業務パッケージソフトウェアの競争力を高めたいと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは 【ポリコムジャパン株式会社】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例 【SAPジャパン】
バックアップツール テレビ会議/ビデオ会議 ファイアウォール ファイアウォール ERP
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 中堅・中小企業でもビデオ会議に手が届く今、見直すべき「日本の働き方」とは DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 高利益体質のビジネス持続に欠かせないERP、中堅企業の成功事例
このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065297



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ