マウスコンピューター、NVIDIA Quadro M5000搭載Dual CPU WS発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マウスコンピューター、NVIDIA Quadro M5000搭載Dual CPU WS発売


掲載日:2015/12/22


News

 株式会社マウスコンピューターは、法人専用PCブランド“MousePro”で、プロフェッショナル向けグラフィックス「NVIDIA Quadro M5000」を標準搭載し、4K超解像度の映像編集やIrayを活用した3DCAD、3Dシミュレーション用途に適した、デュアルプロセッサ仕様の高性能ワークステーション(WS)を発売した。

 今回、カスタマイズの柔軟性に優れたWS「MousePro W」シリーズに、NVIDIA Quadro M5000を搭載し、ラインアップがリニュアルされた。NVIDIA Quadro M5000は、Maxwellアーキテクチャを採用し、前世代製品に比べ消費電力当たりの演算性能が向上している。また、ディスプレイ出力では、60Hz 4K(4096×2160ドット)や120Hz 2K(2560×1600ドット)に対応する4系統のDisplayPort 1.2を搭載し、より高解像度で柔軟なディスプレイ構成に対応できるほか、NVIDIA Mosaicテクノロジーを利用して、8K解像度のラージデスクトップを設定することもできる。また、OpenGL 4.5やDirectX 12(Shader Model 5.0)などのAPIに対応し、先進的なアプリケーション利用や開発環境の構築を図れる。

 同WSでは、NVIDIA Quadro M5000に加え、超高速ストレージ接続規格のNVM Express SSDを搭載でき、エラー訂正機能と安定化バッファ領域を併載するECC Registered対応型メモリを全容量で標準採用しているほか、CPUには12コア24スレッドのXeonプロセッサE5-2690v3もラインアップされ、用途と予算に合わせて、費用対効果に優れた1台を構成できる。

 価格は、480GB SSD(インテル535)、3TB HDDを搭載した「MousePro-W981DQM5X」が69万8000円、240GB SSD(インテル535)、1.2TB NVM Express SSD(インテル750)を搭載した「MousePro-W981DQM5Xe12」が84万8000円、1TB SSD(Crucial BX100)、Blackmagic Design DeckLink 4K Extreme 12Gを搭載した「MousePro-W981DQM5X4KG」が94万8000円(いずれも送料別)。いずれも、OSにWindows 8.1 Pro Update 64ビットを採用し、XeonプロセッサE5-2620v3×2基、64GB ECC Registered対応メモリ、NVIDIA Quadro M5000を搭載している。

 なお、MouseProブランド全モデルには、1年間無償ピックアップ保証・24時間365日電話サポートが付属するほか、製品の保証期間内は、一部修理部品の先出し発送サービスを無償で利用できる。


出荷日・発売日 2015年12月21日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065269


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ