DTC、プラットフォーム非依存のアプリケーション保護製品を拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


DTC、プラットフォーム非依存のアプリケーション保護製品を拡充


掲載日:2015/12/22


News

 デジタルテクノロジー株式会社(DTC)は、米国Zerto.Incのバーチャルレプリケーション製品をラインアップに追加し、仮想化やクラウドにおけるアプリケーション保護に特化したソリューションの拡充を図る。

 Zertoのバーチャルレプリケーション製品では、プラットフォームに非依存で柔軟なデータ保護とワークロードの保護を行なえる、ハイパーバイザベースのレプリケーションソリューションが提供される。ハイパーバイザベースでレプリケーションが動作するため、ストレージ機能や仮想OS、アプリケーションに非依存で効率的でシンプルなデータ保護を行なえる。

 ユーザの業務効率を向上させるため、プライベート、パブリック、ハイブリッドクラウドの各環境に対しても柔軟なデータ保護とワークロードの移動を行なえる。例えば、VMwareとHyper-V環境のような異なるハイパーバイザ環境間でのレプリケーション/マイグレーションや、Amazon Web Servicesへのレプリケーション/マイグレーションをシンプルで効率的に行なえるため、ユーザは自由にインフラを選択し、データ保護を行なってビジネスを推進できる。

 DTCは、同製品を中心に、同社のソリューションを加えたデータ保護・マイグレーションサービスの提供も今後行なう予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065251


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ