カスペルスキー、エンドポイントセキュリティの統合基盤製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


カスペルスキー、エンドポイントセキュリティの統合基盤製品発売


掲載日:2015/12/21


News

 株式会社カスペルスキーは、法人向けエンドポイントセキュリティの統合プラットフォームの最上位製品「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」を発売した。価格は最小構成の10クライアントで27万9000円から。

 「Kaspersky Endpoint Security for Business」は、PC/モバイル/サーバーのエンドポイントセキュリティと統合管理機能を備えたプラットフォーム。今回発売された「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」は、エンドポイント上のマルウェア対策、アプリケーションコントロール機能や接続デバイスの管理に加え、サーバーやモバイルのセキュリティ機能を備えている。また、Windowsやアプリケーションの脆弱性情報を収集し、パッチを自動または手動で配信する脆弱性管理機能や、ディスク/ファイル/リムーバブルメディア単位でのデータ暗号化とその管理機能も搭載している。

 セキュリティパッチやアプリケーションをインストールしたOSイメージをマスタとして作成/配信できる。SIEM製品連携では、管理サーバ「Kaspersky Security Center」が取得したセキュリティ/イベント情報を、HPのArcSightやIBMのSecurity QRadarといったSIEM製品にエクスポートでき、データ連携を図れる。

 リモートデスクトップ共有では、管理サーバ上の端末一覧から対象コンピュータにリモート接続、実際の環境を確認しながら対応できる。また、管理者用やオペレーター用などの権限テンプレートが提供され、役割に応じて管理機能権限をカスタマイズできる。

 データ暗号化(Windows PC向け)では、ディスクを暗号化することで、PCの盗難・紛失時の情報漏洩防止を図れるほか、OS起動前のプリブート認証で、第3者によるPC起動を防止できる。スマートカードやトークンを利用した2要素認証にも対応する。ファイル暗号化では、指定した拡張子やフォルダ単位で暗号化できるほか、特定のアプリケーションが作成したファイルを自動的に暗号化できる。また、リムーバブルドライブのデータ暗号化では、ドライブ全体の暗号化、またはファイル単位の暗号化を選択できるほか、“ポータブルモード”で、暗号化した状態で外部にファイルを持ち出せ、ファイルを開く際にパスワード認証を行なえる。


出荷日・発売日 2015年12月17日 発売
価格 10クライアント:27万9000円〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065229


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ