イノベーション、BtoBマーケツールで簡単お礼メール機能等を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


イノベーション、BtoBマーケツールで簡単お礼メール機能等を追加


掲載日:2015/12/17


News

 株式会社イノベーションは、自社が提供するWebサイトにアクセスした企業名と個人名が分かるB to Bマーケティングツール「ListFinder」に、“簡単お礼メール機能”と“来訪個人アラート機能”を追加した。

 「ListFinder」は、Webサイトに来訪している企業と個人を可視化して、ニーズの高い見込み顧客リストを作成するツール。リストの構築から興味関心の醸成、営業プロセスの接続まで一括で行なえる。一括メール配信やフォームの作成など、B to Bの顧客開拓/育成も支援する。

 今回同ツールに追加されたのは、営業担当が顧客との商談や打合せ後にお礼メールを簡単に送れ、その後の顧客の動きを判別しながら受注活動に向けた営業活動を効率的に行なえるようにする“簡単お礼メール機能”と、お礼メールからWebサイトに来訪した個人をリアルタイムに把握できる“来訪個人アラート機能”。

 “簡単お礼メール機能”では、宛先が少ないメールを送る場合に、従来のメール送信より手軽/便利に個人解析パラメータ付きのメールを送れるようになった。また、配信リストを作らずに、メールを送りたい相手の個人マスタ画面から直接メールを作成でき、CC/BCCのアドレスも設定可能。TO/CC/BCCの宛先すべてに、個別の個人解析パラメータを自動で付与してメールを送信できる。

 “来訪個人アラート機能”は、ログイン利用者ごとに来訪個人絞り込みを設定し、条件に該当した個人のサイト来訪を、同ツールの利用者の画面へリアルタイムにデスクトップ通知する(Google Chrome/Firefox/Safariのみ対応)。また、ログイン利用者のメールアドレスに、1日1回、条件に該当した個人のサイト来訪通知メールを送れる。

 「ListFinder」の価格は、初期費用が10万円で、月額費用が3万円から。


出荷日・発売日 −−−
価格 「ListFinder」初期費用:10万円、月額費用:3万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SFA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SFA」関連情報をランダムに表示しています。

「SFA」関連の製品

MA導入だけでは不十分? “半年で受注件数2倍”の企業に学ぶ成功の秘訣 【Sansan】 eセールスマネージャーRemix Cloud 【ソフトブレーン】 情シス視点で見る 導入してもいいSFA、導入したくないSFAとは_JUST.SFA 【ジャストシステム】 次期SFA選びを失敗しないための3つのポイント_JUST.SFA 【ジャストシステム】 ITシステム導入で成果が出ない? 残業3割減、受注3.6倍を実現するシステムとは 【ソフトブレーン】
SFA SFA SFA SFA SFA
MA導入だけでは不十分? “半年で受注件数2倍”の企業に学ぶ成功の秘訣 営業現場での使いやすさを一番に考えて設計された国産CRM/SFA。柔軟な設定変更が可能なため、常に自社の営業プロセスにフィットした環境を構築できる。 情シスから見て「こんなSFAは導入したくない」のは、どんなSFAなのか。SFA導入検討時に、必ずチェックすべきポイントを挙げ、情シスに負担が掛からないSFAの選び方を解説。 SFAの移行を検討する企業が次期SFAを選ぶ際に留意すべきこととは?SFA選びを失敗しないための3つのポイントとは?実際のSFAリプレース事例をもとに解説。 ITシステム導入で成果が出ない? 残業3割減、受注3.6倍を実現するシステムとは

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065202


IT・IT製品TOP > 情報システム > SFA > SFAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ