NEC、SAP HANAへの移行を総合的に支援するサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、SAP HANAへの移行を総合的に支援するサービスを提供


掲載日:2015/12/17


News

 日本電気株式会社(NEC)は、SAPのインメモリプラットフォーム「SAP HANA」への移行を総合的に支援する「HANAマイグレーションサービス」の提供を開始した。価格は900万円から。

 「HANAマイグレーションサービス」では、現在のシステム課題の抽出から投資対効果の算定、移行方式の策定、移行作業の実施までを支援する。

 企業が保有する経営システムの運用コストやIT資産を俯瞰的に把握するために、運用プロセス情報の収集やIT資産の情報整理を行ない、デューデリジェンスを実施する。あらかじめシステム課題を浮き彫りにすることで、より効率的にSAP HANA移行による効果を算定できる。また、システム課題に対し、SAP HANA移行による効果を明確化できる。業務・IT両面での効果算定を行なうことで、適切な投資判断を支援する。

 現在利用するアドオンプログラムの影響調査を実施し、SAP HANA移行前に改修が必要なプログラム量を把握することで、移行の品質向上が図られる。また、ビジネススイート「SAP S/4HANA」の将来的な導入に至るまでの適切な移行方式を、現在のIT環境を考慮した上で策定する。更に、NEC自身のSAP HANA移行ノウハウや影響調査の結果を踏まえ、確度の高い移行スケジュールを提示する。

 SAP HANA認定アプライアンスサーバ・ストレージ・高可用性クラスタソフトウェア・仮想化基盤を組み合わせて提供することで、安全に移行できる。移行時のSAPシステム停止時間の短縮も図られている。


出荷日・発売日 −−−
価格 900万円〜

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065196


IT・IT製品TOP > 開発 > システムコンサルティング > システムコンサルティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ