NRI、テキストデータ解析のエンジンを刷新しビッグデータに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NRI、テキストデータ解析のエンジンを刷新しビッグデータに対応


掲載日:2015/12/16


News

 株式会社野村総合研究所(NRI)は、テキストデータ解析ツール「TRUE TELLERテキストマイニング」及び「TRUE TELLER FAQナレッジ」に搭載するテキスト解析エンジンを刷新し、新版の提供を開始した。

 「TRUE TELLER」は、コールセンターへの問い合わせやアンケートへの回答など、顧客から寄せられる膨大なテキストデータを数値化/分析して、商品開発やサービスの改善などに役立てることができる、一連のテキスト解析ソリューション。

 今回の新版は、同社環境において従来の解析エンジンと比較して最大11.7倍高速化され、音声データやソーシャルデータを、効果的かつタイムリーに分析できる。意味解析/感性解析機能が搭載され、解析時に発生するノイズを除去する性能を維持しながら、解析精度が向上し、より正確な分析が可能となった。

 従来手作業での追加対応が必要だった新語/造語の辞書登録が自動化された。流行り言葉や俗語なども解析できるようになったことで、テキスト解析の質や柔軟性の向上が図られている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「ビッグデータ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ビッグデータ」関連情報をランダムに表示しています。

「ビッグデータ」関連の製品

金融企業の7つの事例にみる「Apache Hadoopの先進活用術」 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析で好機をつかむ 【ホートンワークスジャパン】 Hadoopによるデータレイク構築がもたらす3つの重要な価値 【ホートンワークスジャパン】 YARNをコアとしたHadoopで小売事業者のビッグデータ分析を強化 【ホートンワークスジャパン】 ビッグデータ統合・連携基盤「Talend」 【エアー】
ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ ビッグデータ
他社はどうHadoopを使っているか? データ活用の課題と対策 進化が速い「Hadoop」に情シスはどう対応する? 解決の近道とは 近頃よく聞く「データレイク」って何? 最新分析メソッドを紹介 “YARN”でレベルアップしたApache Hadoop、実用事例を多数公開 Eclipseベースのグラフィカルな統合開発環境を使用し、データ統合からアプリケーション連携、ビジネスプロセス管理まで行える統一プラットフォーム。多数の導入実績あり。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065183


IT・IT製品TOP > データ分析 > ビッグデータ > ビッグデータのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ