KDDI、ファイルストレージサービスでセキュリティ機能を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KDDI、ファイルストレージサービスでセキュリティ機能を強化


掲載日:2015/12/16


News

 KDDI株式会社は、法人向けファイルストレージサービス「KDDI ファイルストレージ」で、アクセス方法やアクセスする端末の制限などを可能にする、セキュリティ機能の強化を実施した。

 今回のセキュリティ機能の強化では、端末認証とアクセス方法の制限機能を搭載した。利用者IDごとに、利用を許可する端末(PC/スマートフォン/タブレット)とアクセス方法(ブラウザ/アプリ)を設定できるため、管理者によって設定された端末/アクセス方法のみを「KDDI ファイルストレージ」へアクセス可能にできる。

 iOSアプリ向けには、ファイル保存許可/禁止機能、ファイル保存時の暗号化機能、保存ファイルの時限削除機能を用意している。ファイル保存許可/禁止機能では、利用者/グループフォルダごとに、アプリ内へのファイル保存の許可/禁止を設定できる上、ほかのアプリケーションとのファイルの受け渡しも制限できる。ファイルの重要度によって保存可否を設定することもできる。

 ファイル保存時の暗号化機能では、アプリ内へ保存されたファイルを自動で暗号化するため、端末紛失時などに情報を抜き取られることを防げる。保存ファイルの時限削除機能では、アプリ内へ保存したファイルを指定した日数経過後に自動削除可能なため、ファイル放置による情報漏洩リスクを軽減できる。

 iOS/Androidアプリ向けには、保存ファイル及び設定のリモートワイプ機能を提供する。端末を紛失した場合などに、端末を指定してアプリ内に保存したファイルや設定をリモートで消去/初期化できる。これにより、端末の紛失などの際に保存したファイルの漏洩を防止できる。

 今回の強化された機能は、追加料金不要で利用できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連情報をランダムに表示しています。

「オンラインストレージ/ファイルストレージ」関連の製品

コントローラー性能で大きな差、DBに最適なオールフラッシュ条件 【東京エレクトロン デバイス】 オンラインストレージをどう選ぶ? 企業向け主要サービスを比較 【KDDI】 セキュアな大容量ファイル転送・共有サービス「Active! drive SS」 【クオリティア】 トライアルサービス実施 Oracle Documents Cloud Service 【日本オラクル株式会社】 オンラインストレージ・パッケージ DocPlug 【鉄飛テクノロジー】
オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ オンラインストレージ/ファイルストレージ
コントローラー性能で大きな差、検証で判明したDBに最適なオールフラッシュ条件 【サービス比較】主要オンラインストレージのおすすめポイント ビジネス利用を前提に設計された大容量ファイル転送サービスとオンラインストレージサービス。高いセキュリティ性と使いやすさを兼ね備え、低コストでの導入を可能とした。 オンラインストレージ、使って気付く意外な盲点 自社のファイルサーバをオンラインストレージとして利用できるソフトウェア。PCやタブレット、スマートフォンを利用した社外からのデータアクセスを簡単に実現。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065172


IT・IT製品TOP > ストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージ > オンラインストレージ/ファイルストレージのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ