Fortinet、セキュリティ機能搭載AP出荷、クラウド型AP管理も提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Fortinet、セキュリティ機能搭載AP出荷、クラウド型AP管理も提供


掲載日:2015/12/15


News

 フォーティネット(Fortinet)は、クラウド連携型のアクセスポイント(AP)にセキュリティ機能を搭載した「FortiAP-S」シリーズの新製品「FortiAP-S321C」の出荷を12月下旬(予定)に開始し、APをクラウドで管理する「FortiCloud AP Network」日本版のサービス提供を2016年第2四半期(4〜6月、予定)に開始する。

 「FortiCloud AP Network」では、エンタープライズ向け無線LANコントローラ機能がクラウドサービスとして提供される。接続するアクセスポイント数や拠点数を問わず無償で提供され、FortiAP バージョン5.2.2以上のAPを管理できる。サポートする利用者認証方式には、802.1x認証、Webキャプティブポータル認証、PSKがあり、登録する利用者数を問わず利用者認証サーバ機能も無償で提供されるため、利用者認証サーバがない場合でも、廉価にセキュアな無線LANネットワークを構築できる。既に使用中の認証システムと連携することもできる。

 APの稼働状況、利用者の通信状況、無線LANの干渉状況や利用傾向などをWebブラウザから一元的に確認できるほか、レポーティング機能も提供されるため、運用管理者の負荷軽減を図れる。不正APの検知など、PCI DSSコンプライアンスに関する簡易レポートも作成できる。また、「FortiAP-S」シリーズのAPと連携させた場合は、アンチウイルス、ボットネット、Webアクセス、不正侵入検知などの各種セキュリティログも管理できる。

 「FortiAP-S」シリーズは、「FortiCloud AP Network」から管理できるAPで、AP本体に、IPS(侵入防止システム)/アンチウイルス/Webフィルタリング/アプリケーション制御などのセキュリティ機能を内蔵し、同社のセキュリティ研究部門“FortiGuard Labs”と直接、自動連携することで、脅威から利用者とデバイスを保護する。

 今回出荷される「FortiAP-S321C」は、802.11a/b/g/n/acをサポートしたデュアルRadioの3ストリーム対応APで、5GHzでは最大1.3Gbpsのアソシエーションレートを達成している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】
無線LAN
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065150


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ