SAPジャパン、インメモリプラットフォームの新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、インメモリプラットフォームの新版を提供


掲載日:2015/12/11


News

 SAPジャパン株式会社は、インメモリプラットフォームの新版「SAP HANA SPS11」の提供を開始した。

 「SAP HANA」は、コアビジネスアプリケーションを稼働させられるほか、リアルタイムアプリケーションの構築プラットフォームとしても利用できる。今回の新版は、新しい高可用性機能と対障害性機能を提供する。新しいホットスタンバイ機能を利用することで、プライマリDBから継続ログリプレイを利用して、データが同期されているスタンバイDBへの切り替えを即座に行なえる。また、DBダウン時のログとパラメータの分析機能を備え、障害時点からの復旧を行なうことで、DB復旧時間の短縮を図れる。

 テキスト分析とセンチメント分析の機能が拡張され、文節間のコンテキストの関係性を識別するなど、APIを経由してアプリケーションからオンデマンドでテキスト分析を呼び出せるため、非構造化データからのインサイト獲得を図れる。地理空間情報機能は、地理空間情報データのパーティショニングとクラスタリングに対応し、ロケーションインテリジェンスの獲得を支援する。また、Open Geospatial Consortium(OCG)の認定を取得していて、サードパーティ製地理空間情報アプリケーションとのデータ交換を容易に行なえる。

 70を超える予測解析アルゴリズムが提供され、ライブストリームや系列データ、地理空間情報データにも対応し、機械学習やプロセスの自動化にも対応している。また、SAP Manufacturing Integration and Intelligence(MII)やSAP Plant Connectivity向けのアダプタが提供され、オペレーショナル効率の改善を支援する。

 Webサーバのアーキテクチャが一新され、DBサービスとは独立したスケール化を図れ、オンプレミス/クラウドを問わず、スケーラブルなアプリケーションを開発できる。JavaScriptはnode.jsに対応し、開発者に柔軟性を提供する。また、オープンソースのコード管理ツールのGit/GitHub/Mavenに対応し、開発プロセスを効率化できる。

 SAP HANA Data Warehousing Foundation機能を利用することで、メモリからディスク、Hadoop間で大規模データをルールベースで移行できるため、ビジネス要件に基づいたデータストレージの最適化を図れるほか、SAP HANA Voraコネクタが提供され、Hadoopでのデータ分析の効率化を図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「データベースソフト」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データベースソフト」関連情報をランダムに表示しています。

「データベースソフト」関連の製品

Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 【日本マイクロソフト】 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 【日本マイクロソフト】 エンタープライズNoSQLデータベース 「MarkLogic Server」 【マークロジック】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】
データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト データベースソフト
Oracle Database運用管理者必見、SQL Serverの運用管理の基本ガイド 5つの整合性モデルを実装済みの「Azure Cosmos DB」がアプリ開発に向く理由 オペレーショナルでトランザクショナルな基幹業務に対応したエンタープライズNoSQLデータベースプラットフォーム。 1部門からできる進捗管理の脱・Excel化、成功の鍵はWebデータベースにあり やめられないExcelのファイル共有、もっとスムーズな情報共有を実現するには?

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065128


IT・IT製品TOP > サーバー > データベースソフト > データベースソフトのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ