Force Media、Turbo NASのビジネス向けデスクトップタイプ等出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Force Media、Turbo NASのビジネス向けデスクトップタイプ等出荷


掲載日:2015/12/09


News

 株式会社フォースメディア(Force Media)は、QNAPの「Turbo NAS」シリーズの新機種で、ビジネス向けデスクトップ製品4機種、SOHOやホームユーザ向けデスクトップ製品2機種の出荷を12月中旬に開始する。

 「TS-x53A」シリーズは、デスクトップタイプのビジネス向け製品で、8ベイ/6ベイ/4ベイ/2ベイの4機種がラインアップされている。CPUにクアッドコアCeleron N3150(1.6GHz/Turbo Boost時2.08GHz)を搭載し、メモリはDDR3L RAMを標準で4GB(最大8GB)搭載、ネットワークはギガビットイーサネットを4ポート(2ベイモデルは2ポート)備えている。また、AES(Advanced Encryption Standard)-NIを採用したハードウェア暗号化機能を標準で搭載し、暗号化を行なった場合も、非暗号化時と同等の性能を確保できる。

 「TS-x51+」シリーズは、デスクトップタイプの製品で、4ベイ/2ベイの2機種がラインアップされている。CPUにクアッドコアCeleron(2.0GHz/Turbo Boost時2.42GHz)を搭載し、メモリはDDR3L RAMを標準で2GB(最大8GB)搭載、ネットワークはギガビットイーサネットを2ポート備えている。クアッドコアプロセッサを搭載したことで、従来モデルに比べ処理性能が向上し、ファイル管理に加え、マルチメディアアプリケーションの利用、HD動画再生、動画ファイルのトランスコードなどを積極的に行なうユーザに適しているほか、SOHOでのビジネス用途にも活用できる。

 QNAPのOS「QTS」も進化していて、改善されたスナップショット機能や世代管理機能が追加されたバックアップ機能が提供される。また、仮想化プラットフォームとして、両シリーズ上で複数の仮想マシンを実行させたり、LXCとDockerを統合したコンテナ技術を利用して複数のLinuxシステムを運用できる。

 HDDとNASの互換性を保証した「HDD搭載モデル」を機種ごとに用意しているほか、導入後の安定的な運用を支援するサポートも、オンサイト保守/先出しセンドバック保守(いずれも1年〜5年)から選択でき、24時間365日サービスにも対応している。


出荷日・発売日 2015年12月中旬 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

◆関連記事を探す

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

非構造化データを活用する際に欠かせないストレージの要件とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 バックアップ基礎解説:オールフラッシュ時代のデータを保護する4つのポイント 【日本ヒューレット・パッカード】 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能 【日本ヒューレット・パッカード】 オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
NAS NAS NAS NAS
データ分析用ストレージ、フラッシュタイプを選択する際に気をつけたいこと バックアップ基礎解説:オールフラッシュ時代のデータを保護する4つのポイント ダイハツ工業事例:仮想化環境刷新 オールフラッシュストレージの効果 オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065062


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ