矢野経済研究所、各種業務アウトソーシング市場調査結果を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


矢野経済研究所、各種業務アウトソーシング市場調査結果を発表


掲載日:2015/12/08


News

 株式会社矢野経済研究所は、国内のBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の調査を実施したと発表した。

 今回の調査では、調査期間は8月〜11月で、調査対象はSIer/印刷系BPO事業者/コールセンター事業者をはじめ、会計系/事務書類系/人事系/人材派遣系/オフショア系/倉庫系/福利厚生系/DM系/営業系/マイナンバー対応などの各BPO事業者。また、調査方法は矢野経済研究所専門研究員による直接面談、電話/メールによる取材、文献調査を併用している。

 同調査でのBPOとは、通常企業内部で行なわれるシステム運用管理業務、コールセンター系業務(コンタクトセンタ/ヘルプデスク/フルフィルメント)、間接部門系業務(人事/福利厚生/総務/経理)、直接部門系業務(購買・調達/営業/コア部門単純業務/業界固有業務)などの業務を発注企業から業務委託を受けて代行するサービスを指す。また、IT系BPOとは発注企業からシステム運用管理業務を委託され代行するサービスとし、非IT系BPOとはその他の業務を委託され代行するサービスを指す。

 矢野経済研究所は調査結果サマリーとして3点発表している。1つは、BPO全体の2013年度から2019年度の市場規模は、年平均成長率(CAGR)2.4%で推移し、2019年度には4兆426億円(事業者売上高ベース、以下同様)に達すると予測している。

 2つめは、同期間のIT系BPO市場規模はCAGR 3.4%で推移し、2019年度には2兆3700億円に達するという。IT系BPOは参入障壁が高いため高単価でのサービス展開を比較的維持しやすく、また、非IT系BPOサービスの導入と同時にIT系BPOが導入されるケースも増えていると述べている。

 3つめは、同期間の非IT系BPO市場規模はCAGR 1.1%で推移し、2019年度には1兆6726億円に達すると予測している。2015年度は企業でマイナンバー対応業務が発生することが想定され、すでに様々なBPO事業者がマイナンバー対応BPOサービスの提供を開始しており、2015年度から2016年度にかけてマイナンバー対応BPOサービスの導入に踏み切る企業が増える見込みだと伝えている。



関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

キーマンズネットの新着情報を、お届けします

新着製品レポート

利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS” 【横河レンタ・リース】 徹底レビュー:Windows 10の新機能でクライアント環境がこう変わる 【ヴイエムウェア】 「データ活用・AI(人工知能)」に関するアンケート 【日本電気株式会社】 新旧さまざまな課題を解消するデータベース移行術を解説する。 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 Windows 10搭載モバイルデバイス、管理方式の弱点を克服するには 【ヴイエムウェア】
シンクライアント タブレット データ分析ソリューション データベースソフト MDM
ワークスタイル変革を掲げVDIを導入してもその効果を発揮できない企業も多い。そこで利便性とセキュリティに優れたワークスペースを利用する“WaaS”が注目されている。 徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる 抽選で10名様に5000円分商品券★データ活用・AIに関するアンケート DB運用で「低コスト・高パフォーマンス」を諦めてはいけないのはなぜか? 「持ち出せるデバイス」に進化したWindows……管理はどうする?
このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20065041



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ